上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.26 陶泉
陶泉。これぞ街の餃子屋って感じの外観。無論、内観も期待を裏切らない。店には高木ブー似の気さくな店主と寡黙な息子さん。カウンターのみでキャパは10人位?。ビールは自分で冷蔵庫から取り出して栓を開けて飲む。まぁ慣れると非常に落ち着く店内である。
昔からかわらない店構え

ちなみに、ここの店主いつもヘロヘロのTシャツに前掛け姿の”ザ!街の餃子屋さん”的な格好であるが、私服では意外とセンスよくハンチングをかぶってたりしていてお洒落さん。店からはそんなの微塵も感じさせないけど、店前には店主のお洒落な自転車が停まってたりするのである。

そんな実はお洒落な高木ブー似の気さくな店主が芥子とラー油を入れて出してくれる餃子タレ。好みでおろしニンニクを自分で入れる。
芥子とラー油の融合

外側カリッ中身あっさり目で幾らでも入りそうな餃子。美味い。盛り付けは毎回このような斬新な感じ。気にしてはいけない。餃子をおかわりをすると食べ終わったお皿の上に、これまた当然の如く斬新な感じで乗せてくれます。
ピカソ的な構図

甘いチャーシューがドーンと載ってる大き目のキクラゲや野菜の入った焼きビーフン。干し海老の風味が良く効いて美味い。
じゃぁじゃぁ麺ってのもあるけど食った事が無い。実は気になってます。

一日の終わりに、ここでゆっくりビールを飲みながら、ここの店主のつくる餃子や焼きビーフンをつまむのはたまらない。

陶泉
岡山県岡山市京橋町1-13
086-222-1998

鈴木と斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/76-d6beb197
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。