上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.30 なか浦
鈴木です。
斉藤と水島の「なか浦」に行ってきました。斉藤が若く収入のあった?時から行っている御用達店。鈴木は落ちぶれた斉藤に連れてこられて奢らされ、斉藤のふがいなさを痛感した店なのですが、その時から鈴木の大好きな味の一つになった店。
水島の胃袋の一つ

ざる。食べ急ぎ写真を撮る前に薬味の葱とワサビを投入。つけ汁は水島や倉敷に多い愛媛・九州方面寄りの甘い汁。鈴木はこれが大好き。
速攻でくるざる

冷たく引き締まった麺。気持ちよい弾力で口にいれた感触もよく無論喉越しもよい、甘めの出汁をまとったこの麺を啜るのが止まらない。甘い出汁好きな鈴木は、もちろん最後に汁をズズッと飲み干す。
引き締まった感じ

湯だめ。つけ汁は温かく薄い色のすっきりとした味。薬味はレモンと生姜と葱。
うどん界のじゅんさい

ヌメリをまといチュルチュルとした麺。やさしい喉越しでスッとお腹に入る
ヌメリをまとう麺

肉うどん。肉の脂と天かすが透明の出汁にとけあい旨い
男のロマン肉うどん

湯だめとは麺の表情がガラリと変わり、がっちりとして締まっている感じ。喉越しが元気よく腹にもガッツンとくる。
三種三様の麺

平日の15時過ぎだというのに続々とお客がきているこの水島の人気店。かたや平日の15時過ぎに何もする事も無く年下女子の奢りでうどんを食べる無職。斉藤よお前ここで注文取りとからはじめて色々と人生の基礎からやり直しなおせや。

なか浦
倉敷市亀島1丁目12-30
086-444-8761

      倉敷うどんマンセー鈴木と一部斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/62-b7c743a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。