上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
斉藤です。

斉藤の実家から浅月の持帰りそばがあるので取りに来いとの電話。

浅月・・・持帰りそば・・・とは
浅月が流行った全盛期時の味に一番近いのではと私が勝手に思ってるそば。最近はまたボチボチいい評判も聞くようになったが一時期は店に閑古鳥がないてたようなイメージがある浅月。がこの天満屋系で売っている持帰りは長年ずっと、あの昔学生服で行けば割引になるという事に惹かれ皆で食べた土曜日昼の味に、メタボリックなど露知らずトンカツ乗せとか注文して浮かれきっていたあの時のあの味に、近しくしかもブレのない味で来ているはずの逸品である。

斉藤書房刊『知られざる岡山メンラー列伝激戦駅裏編』より

その旨を鈴木に連絡。
すると数分後鈴木から指令→最近ご無沙汰気味の鈴木姉宅で浅月持帰りそばを振舞え→イエッサー!
夕刻お握りを6つ作成し車を走らせる→斉藤実家でそばを受理→鈴木職場に迎えに参る→鈴木姉宅到着。
ぼぼぼくがおにぎりをにににぎったんだなぁ

浅月特性お持帰りそばmeetsお握りin鈴木姉(独身OL)宅
ピンクの水玉カーテンon浅月・・・昭和

斉藤が台所で硬めに麺を茹でて
天神級のグダグダ感

鈴木姉妹がコタツに入りながら電気式鍋でスープを沸かしたのに茹でた麺と付属のラード・メンマ・チャーシュー・葱と共に入れて完成
食い急いだ鈴木のやっつけセンスの盛り付け

「さぁ!お握りに海苔を巻いて岡山市最古参店と言われる浅月の持帰りそばと共に食え!鈴木姉妹よ!」
海苔は食う前に手前ぇで巻け!

鈴木姉say

「これラーメン屋さんのラーメンみたいでおいし~」

浅月いうたじゃろうが!

ケータリング斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/43-223c357a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。