上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事から4日後にアップする的なニュアンスをコメ欄で書いて、もし4日間の間に何も書くことが無かったらどうしようかと悩む間もなくあっけなく書く事がありました。斉藤です。どもども。つか昨晩アップするつもりが記事だけ書いて酔いつぶれて既に5日目ですな・・・

日曜に行った今期最後の京橋朝市岡山ラーメン学会さんのラーメン。要するに朝ラー。
まいったわ~その1

顔なじみの人々と寒い屋外でワイワイハフハフと食べる朝のラーメンは美味い。それが毎度新しい味でアプローチをしてくる岡山ラーメン学会さんの一杯だと楽しさが増す。今回は鶏の出汁に飛龍さんで作られたというラ学特製麺使用との事。会長さんに麺を食べ終えたら抹茶の粉を入れてみてと言われ麺を啜り終えたスープの中へ一匙。味的にはスープに茶の旨みのみが載った感じで、食後に抹茶の香りと若干の苦味が爽やかに残る不思議な味。綺麗に最後まで飲み干しました。学会の皆様のラーメンにかける研究熱心さには頭が下がります。まいった。

その後、金をまったく持って無いと言う僕をPAUL様が美味いカツ丼という食べ物のある津山という所まで拉致誘拐。

連れて行って貰ったのは”とん㐂(とん喜)”というトンカツ屋さん。良い感じに時代を感じる店に、いかにも美味いカツを揚げそうな風貌の店主のいるお店。

カツ丼@650円(味噌汁、沢庵二枚に小梅付き)
まいったわ~その2

美味いカツを揚げそうな風貌の店主が手際よくサラッと作ったカツ丼は、歯ごたえ良くサックリと揚っている肉厚のカツが惜しみなく入っており、そのカツの味を玉ねぎ・椎茸の入った良い塩梅の甘さの出汁が上手く引き立てている。プラス極めて適量な出汁の量、丼を覆う玉子の絶妙なトロトロ具合、そして、それらすべてに対して丁度良いご飯の量。全部が見事なバランスで調和していて、カツと出汁と玉子とご飯の味のハーモニーをきっちり最後まで楽しませてくれます。すべてにおいて恐ろしくバランスが良いカツ丼。

ちなみに沢庵を食べる隙のない程にカツ丼が進む。それ位カツ丼自体のバランスが良い。しかもカツが惜しみなく入っているので終盤に沢庵で丼をこそげる事もない(カツでこそげれます)。何かちょっと解りにくいか(笑)

・・・行を変えて落ち着いて結論を言うけど、これは美味い。美味いカツを揚げそうな風貌の店主じゃなく美味いカツを揚げる店主の美味いカツ丼。まいった津山って思う一品でした。まいった。

PAUL様ご馳走様でした。

しかも、PAUL様には行く途中に中島ブロイラーで串の栄養補給と帰りにはお土産に五大北天まんじゅうまで買って貰いました。つか朝ラーでは持ち帰りの麺も買ってくれた。

PAUL様様には本当にまいりました。まいった。

PS:更新の少ない折にも他の皆様にも大変よくして貰いました。本当に本当にありがとうございます。鈴斉本当にまいったまいったまいったです。よくして貰った事を記事に出来てなくて本当にすみません。

斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/363-b1ce77c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。