上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この所、玉子した記事ばかりが続いておりますが、気のせいではないです。エッグイーター斉藤です。最近食べたい外食が食べれてません。そんなわけで今回も卵系家飯。

今回は、うどんの新定番かま玉に+α。ネーミングは、かま玉とろろ肉うどん風?かま玉やま肉うどん風?ぶっとろかま玉肉うどん風???まぁそんな感じ。スーパーで安く売っている袋の茹でうどんで適当に作ったんだけど思ったより美味かったんだな。これが。

用意するものは、袋うどん、和風顆粒だし(僕はいりこの奴が好き)、とろろ昆布、好きな醤油or出汁醤油、とろろ、生卵、甘く煮た豚ばら肉(出汁と砂糖と酒と醤油としょうが等で煮たもの)、葱。あとは、ご飯かな。

うどん鉢にいりこの顆粒だしととろろ昆布を入れ鍋の横で待機。
うちの台所狭いだろ・・・

袋麺を買うときは出来るだけ日にちが経ってないのを買いたいですね。買うときには消費期限などで確認しましょう。まぁ僕は半額品があれば迷わずそちらにしますけども・・・

ボコボコと熱く煮えたぎった鍋でうどんを熱し、ガンガンに熱くなったところを菜箸等で豪快につかんで直にうどん鉢へ入れる。
熱い茹で汁で顆粒出汁を溶かす

この時、いちいちざるに取って湯切などしている時間はない。*茹で汁とか気にしない。取りにくい切れ端とか気にしない。体重が落ちないとか気にしない。物覚えが悪くなったとか気にしない。とにかく気にしない。*顆粒出汁を溶かすために少量の茹で汁が必要

鉢からモワァと湯煙があがってるうちに、間髪いれず生卵を投入、熱いうどんとグリングリンあえるように混ぜる。
スピード醤油いや勝負

そうすると、うどんの熱で卵がトロリンとするよね、そこへ醤油または出汁醤油を入れ、全体にいきわたるようにグリングリン。勿論、醤油ははなから卵と混ぜててもOK。

仕上げに
いただきます

とろろ、葱、甘く煮た豚ばら肉を載せ急いで食べる。時間も味の要素!急げ。うどんやとろろを啜りつつ混ぜつつ食べると鉢の中はまったりと渾然一体。

熱の入った卵やとろろが合わさった出汁?ソース?の粘度と豚肉の風味は、これぞ和風カルボナーラといった味わい。これが比較的緩い食感のスーパーの安い袋うどんにも良くあう。

うどんが終わるとご飯を投入してとろろ飯に
高速で箸を動かしてます

またまた混ぜる混ぜる、そしてかっ込む、ひたすらかっ込んで、とろろ飯をかっ込む醍醐味を十分に堪能してお終い。

これに焼き海苔を揉んでちらしてもすばらしく美味い。

これ、豚肉煮るのも大して手間じゃないし(多めに作って冷凍保存しとけば惣菜としても使える)、強いて言えば山芋を摺ってとろろにするのが気持ち的に面倒かなって思うだけで、実際には難しい作業もなく簡単お手軽に出来て美味い。しかも、これからの季節スルスルと食べやすく栄養もあるので夏バテ対策に良いと思います。

あと僕は緩い袋うどんが嫌いじゃないので使ってるのですが、それが苦手な人は、好きなうどんでやって下さいね。そんなの当たり前か。そうか。ポイントは熱いうどんに卵を手早く絡ませることです。そんなの知ってるか。そうか。

斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/328-5199b518
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。