上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
斉藤です。少し休憩してましたがドミカツ丼リターンズ。

今回は猫印のドミグラスソースの記事で実践。とはいえ割合とかは自分好みだったり、材料は自宅にその時にあった物を使ったりと僕流(適当)になってます。

先ずはブラウンルウを作る。
ミルクチョコレートみたいな色合いが目安かな?

今回はサラダ油と小麦粉を使いました。フライパンに油を入れて熱し小麦粉投入して弱火で30分位焦がさぬように木べら等で混ぜる。コツとしては肩の力を抜いて気楽にやる事。*画像はフライパンから鍋に移したブラウンルウ。ピントがあってなくてゴメン。

そのルウに、市販の醤油ラーメンのスープに豚の脂・ニンニク・和風出汁等を効かした物と調味料を混ぜ合わせ、好みの加減に煮詰める。その後1日くらい寝かせてドミソースの完成。
最初に味の着地点を想像しとく事

調味料は家にあった、ウスターソース(多め)、お好み焼きソース(適量)、醤油(少し)、ケチャップ(ほんの少し)、砂糖(適量)、胡椒(少々)で仕上げました。出来上がり直後はソース、特にお好み焼きソースの味がが立って?って感じですが、1日ほど寝かすと何とか落ち着きます。この調味料のチョイスと割合のコツは・・・最終的な味のイメージを明確にもつ事かな。つかチョイスっても家にあるもんだけで作ったんだった・・・。

鈴斉ご用達の肉屋のトンカツとたくあんを買ってきてドミカツ丼完成。ちなみに鈴斉的にはドミカツ丼のカツは、カラリと揚げられた薄いカツが好き。
とにかくたくあんは必須な

一口食べてみる。鼻に抜ける香ばしいドミソースにカツとご飯の旨味。美味い・・・でも少し辛ぇな・・・ソースとか醤油とかの調味料の入れすぎじゃねーの?

・・・ってそれは狙い通りなんだなぁ。何故なら、
いや本当に狙いで少し辛めにもっていったのです。

鈴木が大好きな生卵投入仕様だから。卵を丼の中で潰してかっ込む。おぉコレコレこの味だよ。やっぱりドミソースと卵のマッチングは良いねぇ。大・満・足。

初めてブラウンルウから作ってみましたが、なかなかに美味くできました。これ、僕みたいな適当人間でこの美味さなのだから、どのような人でも美味しく出来ると思います。出汁と調味料の種類や配合を変えれば簡単に自分好みのドミカツ丼が出来ますし、本当に簡単なので肩の力を抜いてお気軽にチャレンジを。

詳しいレシピをありがとうございますnyanko先生。

斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/316-5df80ad1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。