上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.10 中国料理 洋明
先日の草刈でちょっと休憩をしたら、どうにもならなくなり、最終的にあぜ道にぶっ倒れ生死の境を彷徨った斉藤です。三途の川ってあぜ道にある用水路みたいですね。

今回の記事は草刈の前に行った洋明・・・ここは有名なホテルの中華料理店さんで料理長をされていた方が出されたお店。一時期連鎖的に記事(主に坦々麺)を見て、乗り遅れた感をひしひしと感じていたお店。やっと行く事ができました。

駐車場は目の前のほかに西側にもあるよ

店内は街の中華料理屋さんにしては落ち着いた感じ。その中でカッコンカッコンと鍋をふる美味い音が溢れている。

待っている間はテーブル備え付けのザーサイでビール
ビールとザーサイ最高のマッチングだね

こういうサービスが嬉しい。

鶏のからあげ 葱ソース
そこいらの中華な感じではない事をヒシヒシと感じる一品

実は、この葱ソースの”からあげ”、葱ソースがメインな気がして、そんなに期待をしていなかった・・・。が、なにが、なにが、この”からあげ”、サクッと軽やかな衣で、肉柔らかく、汁ジュワの揚げ具合。火の通り加減が抜群に巧くて美味い。勿論、葱ソースもソースとしての役割をわきまえており美味い。この”からあげ”今書いてて食べたくなった位に美味い。

これが各所で観た噂の坦々麺(味噌)
意外ににあっさり

しっかりと炒められ旨味を引き出された挽肉と、見た目よりは軽やかなゴマのスープに、細目の麺。その上に刻んである鷹の爪がピリリと辛い。が、辛いのだけど汁は最後まで飲み干せてしまう。つか、残った汁と挽肉は、もれなく付いてくるご飯と共に頂くのが美味くて良いです。

坦々麺には杏仁豆腐もついてくる。
このタイプの杏仁も良いね

トロッと濃厚で上品な味。これも良いねぇ。

全体的に、街の中華屋さんより一ランク上の品がある美味い店でした。さすが名高いホテルの中華料理店の元料理長さん恐れ入りました。

しかし、アレだ、こんな店があるのだから、まだまだ三途の川は渡れんわ。

中国料理 洋明
岡山市西之町15-104
086-246-3013

斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/189-31682136
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。