上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無気力斉藤です。

実家から届けられた酢漬けの茗荷に鈴木が舞い踊る。昔うちの実家から届けられた茗荷と鮭のばら寿司が美味かったからだ。しかし、今回届けられたのは、酢漬けの茗荷、大葉・・・のみ。自分で作れと言う事か・・・または、何かに使えと言う事か・・・

最近料理意欲0の僕としては面倒な事この上ない・・・。

翌日、仕事場を抜け出してまで僕に塩鮭を届ける鈴木。

寿司をやれと言う事か・・・。やった事ないんだよね寿司。電話で人に聞くのもネットで調べる気もない。全てが面倒。

えぇぇいもう想像で作ってやれ。

塩鮭を焼いて身をほぐす。中々小骨が取れねぇ。
根気がいるなぁ・・・

昆布入り水少なめと超適当でご飯を炊く。

そーいや桶と団扇がねーな。木の桶と団扇で水分を飛ばさないといけない様な気もするけど。無いものは仕方ない。

一番大きくて平たいと思われる鍋と扇風機を用意。炊きたてご飯を鍋に移し、扇風機で送風しながら、酢漬け茗荷と漬け酢をかけまわしご飯をシャモジで切る。酢の分量がわからねぇーけど、今のところいい感じだな。

ちょいと味見。うーん味が薄いなー。この漬け酢薄い?とか思いながら漬け酢を追加投入してたら、当たり前のようにべっとり加減になってきた。あぁぁぁぁぁ。

まぁでも後戻りは出来ないので、具を投入、ほぐした鮭の身、細く切った大葉、白ごまをいれて切る。

どうみてもダマになっている気がするけど・・・コレ以上観ていると胸くそが悪くなってゴミ箱に投入しそうなので、おとなしく蓋をして冷蔵庫に。

夕方、鈴木が帰ってきて皿に盛って出す・・・
それなりに美味かったです

冷蔵庫に入れたので、少し乾燥され、見た目が少し持ち返す。なんだか反則気味だけど、まぁ、いいか。味もそこそこだし。

次の日、残った寿司に思いつきで、婆さんが漬けた梅干の漬け酢をすこし回しかけると味が引き締まり更に美味くなりました。これだよこれ。味が薄いって茗荷の漬け酢を更にいれるんではなく隠し味で梅酢を入れればよかったんだな。

・・・が、数日後、鈴木がうちの実家に問い合わせたところ、今回の茗荷の酢漬けは酢飯用じゃない事が判明。酢飯用が欲しければ、それ用に作るよとの事(´・ω・`)ショボーン

今回が失敗したというなら以下の点が反省ポイント

飯はもっと水分を少なめに炊く
酢は自分で味見して調合しておく
隠し味に梅酢?
桶とかあったらなぁ
具は後乗せの方が写りが良い
無気力を直そう
この性格を直そう
実家に電話で聞け←1番重要

斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/184-5d793069
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。