上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.08 青空
刑務所を出所したばかりだという人、極道以外にはいないという感じの風貌の人、注文した弁当を待つ部屋住み風なジャージの怖い青年、それ以外にどう観ても道楽者の社長風な人、はたまた本当に普通の会社員、格好良いショップ店員。若い女性こんな異種業種な人たちが店の中では仲良くトンカツを食っていた店。青空。

汚い外見、カウンターだけの店内、そこが埋まれば店主の住んでいる居間に通される。普通の家。切り盛りするのは喧嘩腰でやりとりする怖い雰囲気の老夫婦。強面の人間も不思議と皆この店では席を譲り合いおとなしく食べる。大きい声で昔話を老夫婦とすることがあっても他の客を威嚇するような行為はない。一種のオアシスのような場所であり奇妙な緊張の走っていた店。まぁ居心地が悪いと感じる人もいただろうけど・・・

ビールの大とチキンカツorハンバーグが僕の定番。最初にドレッシングのかかったレタスのサラダ。ビールでサラダをやっつけていると本番の皿がでてくる。付け合せには太いスパゲッティ・ポテト・パセリ。ソースはさっぱりとしたデミソース(ハンバーグの場合はデミソース+赤ワインか?)。言えば芥子のチューブも出てくる。カウンターには卓上塩とタバスコ。僕は味にうるさそうな怖いお父さんの目を盗みながらタバスコと卓上塩を少しソースに振って食べる。美味い。落ち着く美味さがある。店自体と客と歴史の味なんだと思う。雰囲気だけでも美味い。そんな店。よく通った。

高齢な夫婦ゆえに何時閉まるかと皆うすうす感じていたが、とうとう去年の暮れに閉まってしまった。

美味しい店は世に沢山あるやもしれないが、この様な店は中々現れない。店と客と味と雰囲気ででる絶妙な味覚異空間。また味わう事があることを願う。

斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/17-5fb65ff1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。