上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.09 瓶ビール考
店に入り瓶ビールを頼む。目の前にドンと汗のかいた瓶ビール。それをなんの変哲もない普通のよく磨かれたグラスにトクトクと注ぎ、綺麗な琥珀色と白色の泡のコントラストを目で楽しんだ後、乾杯と杯を上げゴクリと喉に流し込む。クリーミーな炭酸の刺激。染み入る味。文句なく美味い。

その瓶ビール。

鈴木画伯からみえる瓶ビールはこんな感じ

飲食店で注文すると、何も聞かれずにアサヒのドライがでるか、まれにキリンのラガーがくる。少し気の利いた店ならアサヒにしますか?キリンにしますか?と聞いてくる。さらに気が利けばそれにエビスが加わる。ごくまれにサントリーのモルツやサッポロも加わる嬉しい店もある。

今挙げた瓶ビール。大体どれも好き。

ビールは鮮度で味が相当に劣化していくものなので、多少の味の違いはあるけど同じ鮮度のものであればどれも大概美味いだろうと思う。うん。

しかし、そうなると回転の良いモノが圧倒的に鮮度が良く美味い事になる。

上で書いたように店でオーダーした時をみても消費量は圧倒的にドライが多いのではないだろうか。まぁ需要と供給ってやつですか。そら当たり前に美味いわなぁ。そういう意味では実際美味いし。

・・・なぁ皆もっともっとキリンとかサッポロとか飲もうよ。いやマジで。回転率が上がって鮮度が今よりもっと良くなれば、もっともっと美味いはずだから。いやまぁ多分なんだけども・・・。

注:今回は外国産ビールについては除いてます。

文:斉藤 画:鈴木
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/164-37521f18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。