上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
斉藤です。塩辛の作り方を最初に鈴木に指南したのは僕なのに・・・アイツが書く記事といったらまるで役に立たない憎い豚とか・・・まったく失礼しちゃうわ!っていうわけで汚名返上ではないけども僕も一品紹介。

鈴木と斉藤が焼き鳥屋さんに行くと必ず頼むのが皮。鶏皮をあてに酒を飲むのが堪らなく旨い。その鶏皮の中でも親鶏皮のカリックニュとして噛み応えが頑固で鶏の味が濃厚な味が好き。なので毎度肉屋で親鶏皮を注文してキロ買い。

コレで1.2キロぐらいかな
ザ☆鶏皮

まずは下処理。こいつには脂が多いので脂を取り除きます。やり方としては包丁で一つずつこそげ落とすか、茹でて脂を抜く方法。

このまま脂を包丁で一つずつこそぎ落とすのは慣れるまで皮・脂がクニュクニュとして案外難しく手間がかかる。しかしこっちの方が鶏皮を焼いた時に濃厚な仕上がりに。

コレを
俺のお腹にも・・・

このように
自分のも綺麗にしたい・・・

または上記にも書いた茹でて脂を抜く方法。この時取れなかった脂は包丁でこそぐ。こちらの方が簡単かも。焼いたときの仕上がりは上と比べてアッサリ。この辺の味や手間は自分好みでどうぞ。

茹でたのちに上と同じように残った脂をこそぐ。茹でると脂がプリっとなっていて幾分か取りやすいはず。
釜茹でダイエット

脂を取ったら数個に分けて冷凍しておきます。
肴パック出来上がり

一番簡単な味わい方としては、塩と胡椒でフライパンで焼くのが簡単。このとき上から蓋をして手で押し付けながら焼くと更に余計な脂も抜けてカリカリに。
愛媛の鶏皮鉄板焼き風

今回は牛蒡も焼いてみた。
牛蒡が良くあうのよ

鶏の味と牛蒡の香りがよくあう酒の肴にぴったりの一品。

他の食べ方としては肉代わりにお好み焼きに入れても旨い。

ちなみに最初に包丁でこそいだ脂や茹でて出た脂は中華なべで熱して(弱火)鶏脂にします。このとき脂のハネや火災に気をつけてください。

くれぐれも気をつけて
本当にファイヤーとはじける油等には注意してね


濾して出来上がり
これって太るよな多分・・・

取り出した脂はチャーハン・お好み焼き・焼きそばやうどん・炒め物・鍋・ラーメン等に使うと旨いですよ。この脂とか使うと豚りそうとか言うなよ。旨いんだから。

なっ!こんな豚の僕も少しは役に立つだろ!なっ!えっ?簡単すぎた?

禊は終わった斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/140-49884203
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。