上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.21 北京
鈴木が珍しく本棚から本を降ろし掃除。と思いきや、床に散らかした本の中に座り込み奥から出てきた昔のラーメン本をガン見。おもむろに、こちらを振り返り

「昼はここじゃ!車回せ!」

というか掃除の途中じゃ・・・とかも言えず2007初夏の昼。

鈴木の一言でやってきた東岡山の名店”北京”。
渋滞の中のオアシス

国道沿いっていうのもあるのか、なんとも昭和のドライブイン的な雰囲気。無論店の中も。(写真は裏手ですがまぁ表もそう変わりません。駐車場は裏にあります)

メニューは中華そば500円、から揚げ200円、ごはん100円、中華そば大盛り700円、中華そば定食700円(そば、ごはん、から揚げ)。昔は中華そばとごはんだけだったらしい。なんとも潔い。

中華そば
二日酔いの昼飯とかに食べたいけど場所がな・・・

スープはクドイ脂等がなくサッパリとしている。野菜の旨味があって醤油の味も尖ってなく、とてもまろやかな味。また、このスープとテーブル胡椒との相性がとても良い。チャーシューは脂身少な目の薄切り大きめサイズ。麺は硬めで食べ応えを感じる仕上がりに。

うまいこと上品と下品の間にある味で、どことなくシミジミと旨く懐かしい岡山の味がする。昔の天満屋の大食堂のラーメンに近いのかなぁ?

500円で気取らず旨いラーメンがさっと出る。実際に動きが手際よく見えるし勿論早い。とても良い感じ。

ちなみに”ごはん”はお替り自由との事。というかジャーがあって自分で注げます。

「あぁ美味しかったな斉藤、ぁ?掃除?お前今何食べたんなら?ぁ?ラーメン食べたんじゃねーんか?ぁ?まさか食ってねーやこーよー言えまーが?ぁ?どねーなんなら?ぁ?」

と当然のように助手席に座りこむ鈴木。まるでVシネマです。怖いです。掃除もします。運転もします。つかまた助手席で昔のラーメン本を観てますが晩飯もラーメンですか?その采采ラーメンはもう無いですよ。旨かったのは知ってるけどその店はもう無い。

「なんとかせーや!ぁ?」

いやあのそれは無理っす。

北京
岡山県岡山市長岡470-1
086-279-8450

年々言葉が悪くなる鈴木に怯える斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/112-82315dc2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。