上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日の昼下がり鈴木家の用事で福山に。

鈴木が用事をしてる間、一人暇つぶしにフラフラ。駅前の天満屋の横に観音開きでウェルカム状態な店発見。フラフラ吸い寄せられるように店に入る。目前にドーンとUの字テーブル、その中にはちゃきちゃきとして愛想のいいおばちゃん、Uの字のテーブル先端にはおでん、席には昼酒を飲む常連老人、漫画片手に定食を食べる街の住人。

自由軒
チョー開放的で入りやすい

雰囲気からして既に旨そう。瓶ビールとおでんの豆腐を注文。
「味噌?醤油?」とおばちゃん。よく解らないが味噌にする。

甘めの味噌をかけた豆腐、この味噌とおでんの出汁とが重なってなんとも言えず旨い。ゆっくりとビール一本で豆腐を食べ、壁のメニューをみる。居酒屋系から揚げ物系の洋食メニュー等色々ありで嬉しい。

清酒とキモ串焼き(うなぎ)を注文。甘いタレのかかったほろ苦いキモとスルリとしたここの酒(多分広島の酒?)とよく合い酒もすすむ。おばちゃん連中の客あしらいも常連客の雰囲気も感じが良く、初めての店だが大変居心地が良い。

丁度よく鈴木から用事終了の電話。すかさず店に呼ぶ。旨いから早く来いよ!カメラもってな!。

他の客が注文していたおでんの牛スジとキモテキを追加。あと酒もおかわり。しかしこの店はどれもこれも食べてみたい衝動に駆られる。

牛スジ
しみじみ旨くてまいった

よく煮込まれたスジ肉(アキレスかな?)と甘めの味噌。文句なく旨い。

キモテキ
とても好きな感じです。えぇ。

キモテキはキモを洋食風にソテーしたメニュー。かけてあるソースと横のキャベツ用のマヨを混ぜ食べてみる。これこれ!これ旨い。遅れて到着した鈴木も店の雰囲気とこの味にノックアウト状態。

岡山は、池田の殿様らによる質素節約の治世が長くて酒文化が育っていないのか?このように優雅に昼酒を飲ませる店が少ないように思う。

先日の記事の”つるや”でも昼酒をするけど店全体の明るさというか雰囲気が違う。つるやは陰で自由軒は陽なのだ。どちらも酒飲みが住みやすい場所で居心地が良いけど、その時の気分で飲み分けたいものでもある。酒飲みは得てして我侭だから。

あぁぁぁ岡山の街にも是非ともこのような店がほしいなぁ。

自由軒
広島県福山市元町6-3
084-925-0749

旅人斉藤
Secret

TrackBackURL
→http://suzukisaitou.blog90.fc2.com/tb.php/108-24753b2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。