上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世はまさにB級グルメブーム。最近色々世に出すぎて、どういう基準でB級と言うのよく解らないのだけど、僕が思う身近なB級グルメといえば、岡山の老舗セルフうどん名玄で食べるコロッケうどん。

その名玄で最近気がついたのが、名玄はうどんよりそばの方が一層ジャンク感があってB級感があるという事。

名玄のそば。これがまた田舎のそばというか、ただ単にそばの色をしたコシのない細いうどんというか、なんと言うか、かんと言うか的なそば。僕の中では粋に手繰って喉越しで味わって食べるとか繊細な物ではなく、プチプチと切れそうな麺を箸でガバッと掴んでムシャムシャと食べる物で、これはどうも粋じゃないしって感じで何だか好きではなかった。つか存在している意味もちょっと理解しかねていた。

そんな風におもってた名玄のそば・・・それを、ある凄く忙しくて何でも良いからパッと食べないと行けない時、忙しさの疲れで朦朧としてたのか?たまたま手に取って、それに、
美味いよ

コロッケ、無料の鰹節、ねぎ、天かす、おろし生姜等を遠慮なく載せ、自分で甘いの辛いのと選んで注ぐ出汁は、どっちつかずの欲どおしいハーフ&ハーフで注ぎ、いそいそと机に運び卓上の七味を振って何も考えず何も期待せずにかっこんだ。

!!!

これ美味い!コロッケや天かすが溶けてドロドロになった汁とプチプチと切れそうな緩いそばのジャンク&ジャンクな味と食感のグルーブ感!これとても良い!本当にどこでにでもありそうな普通の地味なコロッケと名玄の朴訥とした緩いそばが、開店以来結構な数の人々を虜にしてきた名玄の出汁の中でとても上手く融合し全体の味が一段上がった!・・・・・・って超個人的に思った(笑)

僕の中で名玄のそばの存在意義が見出せました。いままで何となく好きじゃなくてすみません。これから僕の中のB級グルメは名玄のコロッケそばです。

ちなみに出汁をハーフ&ハーフにするのは特に味にこだわりがあるのではなく、単に子供の頃からの習慣。半分ずつブレンドするというのがちょっと楽しいんだよねぇ。

つうか僕のまったく知らないうちに鈴木がブログをはじめてました。

名玄
岡山市中区平井6丁目7-17
086-273-5472

斉藤
スポンサーサイト
深夜から早朝にかけ旭川の川岸の暗闇の中で豚の骨を砕き煮込む無数の蠢く影・影・影

エロイムエッサイムエロイムエッサイム
怪奇現象!

でた!箸からほとばしるエクトプラズム!!!

・・・じゃなくて備前京橋朝市に出店されている岡山ラーメン学会さんの

”岡山ド豚骨”
天かすのトッピング

毎度毎度どこか郷愁というか岡山的な懐かしさを感じさせてくれる岡山ラーメン学会さんの豚骨ラーメン。う~ん今回も美味い!

今回のラーメンはここに近い感じがしましたよ。しかし、そこが最近リニューアルしましてねぇ・・・それからは食べていないのでどうなっているのか解らないんですよねぇ・・・でも以前にそこで長いこと食べていたのと近い感じがしました岡山ド豚骨。この味とても好きです。

ちなみに次回はまた違う味に挑まれるみたいですよ!いや~楽しみ楽しみ。

つか、誰かこの味のラーメン屋さんを街中でしてくれませんかね。街中の中でも川崎病院とか天満屋の近くがこのラーメンの味らしいって気がします。屋号は1枚目の画像にちなんでエロイムエッサイズorエクトプラズムで。

斉藤
2011.02.02 焼肉 八十八
鈴斉は何度かの失敗を経て岡山市内での焼肉店NO新規開拓NO浮気を心に掲げています。鈴斉的に焼肉の失敗は相当にダメージが大きいんだよね・・・

が、こことかここでみた正体不明のカブという肉に、物凄く良い色合いのツラミ、そしてコメントのやり取り・・・

・・・・・・行くしかないわな・・・

禁をあっさり破って行ってきたよ鈴斉的新規開拓店の八十八。
最初の八の膨らみに何か意味でもあるのか?

まず手始めに正体不明のカブを頼もうと思いどこの部位かと聞いてみる・・・

「あ~~~カブ?カブはあのその腸の・・・ってカブ?もうね~売り切れ!」

ってあっさり売り切れ。つか肝心の部位も腸の~までしか聞けなかったorz
で、もう一つの目的であるツラミを食べてきた。

このツラミ「今日のツラミ良かろう」とのご主人からお墨付きのツラミ
物凄く綺麗なツラミ

食べている最中「いま頭の中で幸せな何かが出てる」と鈴木に言わせたこのツラミ。噛むと肉の香味が口中に広がり、脂がフワッと甘く溶けて大層旨い。しかもこのツラミ380円とお安い。この味でこの値段驚愕。

ちなみに、ちゃり氏によると”でも外れのときはそんなでもないんすよ”との事らしい。つかもし外れた人は当たるまで通った方が絶対に良いよ。

鈴斉が焼肉屋で大概頼んじゃう混合。ここではミックスホルモンがそれにあたるね
良いね!

もうね、本当にどれを食べても美味い。フンガーフンガーフランケン←意味わからない?なんか楽し嬉し美味しい的なイメージだと思って。

ちなみにここのタレは
タレも良い

コクのある醤油ダレでした。このタレの他にポン酢も持ってきてくれ、テーブルには塩・胡椒がありましたよ。

肉質高くお値段はリーズナブル、ご主人のダミ声はちょっと怖かったけど、また一軒行くべき食すべき焼肉店が鈴斉の心の黒皮手帳に加わった。これでまた当分NO新規開拓NO浮気だな。うん。

って実は僕らそんなに焼肉食べに行かないんだけどね・・・

焼肉 八十八
岡山市北区上中野2-27-24
086-246-0898

斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。