上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
o神様、n神様、w神様が海の向こうから持ち帰ったという白いブツを猫印の宅配便で受け取りました。

なにやら今回は”がもう”という所でひいてきたらしい・・・

ナイフで袋を破り確かめてみる・・・
銀星会のブツか!

ふぅむ、これは上物ですな・・・

早速、大量の湯で湯掻いた後に冷たい水で〆、自作かけ汁・葱・おろし生姜でセッティング
タカ!

この見た目だけで既にゾクゾクくる・・・

そんな興奮の中、先ずは冷静ににゅ~~ん・・・これぞ中毒者の証
ユウジ!

基本的に細めなのだが、多少厚みに変化があって軽くうねったような感じの白いブツはコシがあってノドごしを主張する。美味い。

玉子ジャンキー鈴木のセッティング
いくぜ!GET UP!

出汁醤油に葱、それに玉子でブーストアップ。鈴木は玉子を絡めた白いブツを虚ろな眼でドゥルンドゥルンと一心不乱に啜ってました。

この白い奴にはトリップ効果があるのか、まんが日本昔ばなしのような山が見える讃岐の風景が浮かんでくるようだ・・・これは至福・・・

グッドトリップ!神様、本当にありがとうございます。

蒲生(がもう)うどん

鈴木・斉藤
スポンサーサイト
黒爺さんの所で見て気になった根性のとんこつを出すという麺家じょーだん。以前準備中だったここの前を通ったときに豚骨スープを仕込む良い匂いがしてて気になってたんだよねぇ。焼肉屋や鰻屋の匂いで食欲が掻き立てられるように、豚骨を仕込む匂いにもそそられます。

豚骨スープの匂いが苦手だと言う人も居るのでしょうが、僕は全然嫌いじゃない。むしろ無いと物足りない位で、豚骨を仕込む良い匂いがする店はしっかりと出汁を取っている良い店だと思うのですよ。

そんな気になる岡山市役所近くの麺家じょーだんに、街中の成田屋でたっぷりと飲んで目が座りきった顔で「おい!ラーメンはまだか!」と終始つぶやく鈴木と水前寺清子ばりの3歩進んで2歩下がる方式でえっちらおっちら歩いて訪問。あぁ疲れた。
車で集える郊外と言う訳でもなく、夜の盛り場からも外れているのに客多し

この時私も酔っ払って仕事中のwinさんに”じょーだんなう”とかメールでつぶやき続けてました。本当にすみません。

鈴木注文の白とんこつ
トロリとしたスープが美味い

根性のとんこつと言うだけあって、しっかりと出汁を搾り取っているスープはクリーミーで美味い。泥酔鈴木もウマーと満足な様子。

にゅ~~ん
変な二人組みだよな・・・

二人で同時にゅ~~んってはたから見たら滑稽なんだろうなぁ。つか早く食えってね。

斉藤注文の黒とんこつ
マー油がよくあっていて美味い

濃厚で粘度があるクリーミーなスープにマー油が入ってコクがさらに増し味に厚みが加わっている。これがとってつけたような嫌味な感じの味の厚みじゃなく元のスープに良く調和してあって美味い。

にゅ~~ん
ちなみに海苔って何時食べる?

麺は何も言わなくても若干カタメできました。僕的には、もう少し滑らかな感じが欲しいかなぁ。次回はちょっと柔めで注文してみようかな。

他にもつけ麺・冷麺・和風魚貝ラーメンといった物や一品物にセットメニュー、そして酒の種類も多く、色々と使い勝手も良さそう。こりゃ是非ともまた来ようっと!・・・さぁって泥酔鈴木も満足した顔してるし、また水前寺清子ばりの3歩進んで2歩下がる方式でお家に帰るか・・・

麺家じょーだん
岡山市北区大供1-2-26
086-224-0616

斉藤
ある日の夕刻に神々からの素敵な贈り物・・・

じゃーん
県北からの使者

若田のたれ。にんにくが効いた味噌ベースの焼肉のたれ、凄い前から存在だけは知ってて一度食べてみたかったんですよね。これ県北の味なんですよね・・・県北が何処から何処までか知らないけど。

というか・・・これだけじゃなくて・・・

なんと!ひるぜん(蒜山)焼きそばセット
なんと親切な事よ・・・おぉ神さま・・・

蒜山で仕入れられた太麺に鈴木の大好物のかしわ肉まで!

ひるぜん焼きそばとは、秘伝のたれに親鶏のかしわ肉とキャベツを入れた焼きそば。秘伝のたれは、蒜山とかの県北でよく作られる自家製味噌や、蒜山でよく行われるジンギスカンのたれとかにルーツがあるのかな?

家で簡単にやるときにはこの若田のたれを使うのが良いらしい。

かしわ肉をしっかりと焼いて脂を引き出した所に、キャベツと麺を投入して若田のたれで味付け。
これぞB級グルメな気がする

かしわ肉から出る脂(これが良い味をだしてる!)とにんにくがよく効いた味噌だれ。これらが、ちょいと緩い太麺に絡むと言うか染込むって感じで美味い。シンプルな具材もこの焼きそばに良く合っていて良い。

神様!本当にありがとうございました!

斉藤・鈴木
斉藤です。

Paul神様から頂いたハム。毎回本当にありがとうございます。今回の頂物は渡されるときに

「はい、これプレスハムね」
「え?プレスハム?あの昔からあるヤツ?」
「そう」
「・・・」

とのやりとりがあった明方ハム
HAM!!!

懐かしいプレスハム。最近食べてないなぁプレスハム。

断面図
これ良い感じに脂が入ってるね

肉の寄せ集めなんよね・・・プレスハム。

取りあえずシンプルに焼いて食べてみた・・・
本当にただ焼いただけ・・・

・・・ウマー。子供の頃に食べたプレスハムってなんだか代用品的な貧しい感じの味がしていたような気がするけど・・・これは違う。シンプルに美味い。なんじゃコレ?とググるとどうも有名なハムらしい・・・。神様ありがとう。私のような者がプレスハムって・・・とか思ってすみません。驕ってました。改心します。

今回も本当にありがとうございます。

明方ハム
製造者
めぐみの農業協同組合食肉加工事業所
岐阜県郡上市八幡町旭字中会津1486-1
問合せ先
JAめぐみの郡上加工事業所
フリーダイヤル:0120-011786
FAX:0575-65-3134

斉藤
斉藤です。少し休憩してましたがドミカツ丼リターンズ。

今回は猫印のドミグラスソースの記事で実践。とはいえ割合とかは自分好みだったり、材料は自宅にその時にあった物を使ったりと僕流(適当)になってます。

先ずはブラウンルウを作る。
ミルクチョコレートみたいな色合いが目安かな?

今回はサラダ油と小麦粉を使いました。フライパンに油を入れて熱し小麦粉投入して弱火で30分位焦がさぬように木べら等で混ぜる。コツとしては肩の力を抜いて気楽にやる事。*画像はフライパンから鍋に移したブラウンルウ。ピントがあってなくてゴメン。

そのルウに、市販の醤油ラーメンのスープに豚の脂・ニンニク・和風出汁等を効かした物と調味料を混ぜ合わせ、好みの加減に煮詰める。その後1日くらい寝かせてドミソースの完成。
最初に味の着地点を想像しとく事

調味料は家にあった、ウスターソース(多め)、お好み焼きソース(適量)、醤油(少し)、ケチャップ(ほんの少し)、砂糖(適量)、胡椒(少々)で仕上げました。出来上がり直後はソース、特にお好み焼きソースの味がが立って?って感じですが、1日ほど寝かすと何とか落ち着きます。この調味料のチョイスと割合のコツは・・・最終的な味のイメージを明確にもつ事かな。つかチョイスっても家にあるもんだけで作ったんだった・・・。

鈴斉ご用達の肉屋のトンカツとたくあんを買ってきてドミカツ丼完成。ちなみに鈴斉的にはドミカツ丼のカツは、カラリと揚げられた薄いカツが好き。
とにかくたくあんは必須な

一口食べてみる。鼻に抜ける香ばしいドミソースにカツとご飯の旨味。美味い・・・でも少し辛ぇな・・・ソースとか醤油とかの調味料の入れすぎじゃねーの?

・・・ってそれは狙い通りなんだなぁ。何故なら、
いや本当に狙いで少し辛めにもっていったのです。

鈴木が大好きな生卵投入仕様だから。卵を丼の中で潰してかっ込む。おぉコレコレこの味だよ。やっぱりドミソースと卵のマッチングは良いねぇ。大・満・足。

初めてブラウンルウから作ってみましたが、なかなかに美味くできました。これ、僕みたいな適当人間でこの美味さなのだから、どのような人でも美味しく出来ると思います。出汁と調味料の種類や配合を変えれば簡単に自分好みのドミカツ丼が出来ますし、本当に簡単なので肩の力を抜いてお気軽にチャレンジを。

詳しいレシピをありがとうございますnyanko先生。

斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。