上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平日に斉藤独りたぬき屋でちょと遅めの昼飯

サクッとかけ大ゴボウ天
圧力釜でモチモチに茹で上がった麺

ズッ・・・ズズッズズズ・・・チュルン

ズッ・・・ズズッズズズ・・・チュルン

ズッ・・・ズズッズズズ・・・チュルン

ゴリッボリッボリ

ズズッ・・・ゴクゴク

ズッ・・・ズズッズズズ・・・チュルン

ズッ・・・ズズッズズズ・・・チュルン

ズッ・・・ズズッズズズ・・・チュルン

ゴリッボリッボリ

ズッ・・・ズズズ・・・チュルン

ゴリッボリッボリ

ズッ・・・ズズ・・・チュルン

ズズッ・・・ゴクゴク

ゴリッボリ

チュルチュルン

ズズッ・・・ゴクゴクゴク

ハーーー

カランカラン・・・ゴキュゴキュゴキュ

プッハ---

あぁ美味かった。滞在時間アバウト6分でごちそうさーん。

たぬき屋
岡山市東古松2-2-1
086-233-4470 

斉藤
スポンサーサイト
斉藤です。

鈴木の盆休み最終日、休みが終るので切なくなっている鈴木に、ここはひとつ元気になるものを。そうだ!焼肉へ行こう!焼肉と行ったら、うちらの定番焼肉店”一番館”。アイラブ一番館。

鈴斉が焼肉といえばここ

本日は瓶ビール一本とご飯大に玉子スープ、そしていつも通りのホルモンセットと一品頼む。この日の一品はミノサンド。脂のあるミノでミノの食感とホルモンの脂の甘みを兼ね備えている。

ミノサンド
うっまーーーい鈴斉もサンドされたい

とろける脂にミノの食べ応え・・・不味いわけが無かろう。

次に頼んだのが単品のホルモン、そしてミノサンドの美味さに身の程をわきまえずに奮発して上ハラミ!!!

左がホルモン、右が上ハラミ
思い出してもご飯が三杯ほどいける

うんまーーー美味いよ美味い。焼かれた肉の香ばしさ、噛み応え、ほとばしる旨味、これぞ肉!これぞ焼肉!最高に美味い。目の前ではあまりの美味さでテーブルごと吸い込みそうな勢いで上ハラミ+ホルモン on the 白飯をかっ込む鈴木の満足気な姿。その食べっぷりから反射的に米が欲しいと身体が訴える・・・。

焼肉と白飯の美味さは有史以来数々の証言があり、僕も以前にホルモンと白飯のコラボが美味いと書いたけど酒飲みの僕は最後の〆で一口二口貰うだけでがっつりと食うことはなかった。

しかしこの日、目の前で美味そうにかっ込む鈴木に耐え切れず〆でも無いのに強引に白飯を奪い取る。

・・・長年一番館の焼肉で酒を飲んできたが・・・あえて言おうここの焼肉、肉もタレもべらぼうに美味いのだが真の主役は米かも知れん・・・。とにかく白飯が美味い。凶器と感じる位に美味い。

堪らずにご飯小を追加で貰う。

白飯の上にかかるタレ・・・脂・・・肉・・・全てが米の甘みを引き出す為のような気さえもする。やってみてくれ。ここのホルモンor肉を焼きタレに浸し白飯に乗せてかっ込み味わう。そしてこれまた美味い玉子スープで舌をリセットしてのループ。

この日僕はタレが足りなくなった・・・いつもは蕎麦屋でも饂飩屋でも寿司屋でもつけ汁や醤油が無くなることが無いのに・・・毎度むやみやたらにつけ汁やタレを消費する鈴木よりも早く無くなっていた・・・。ご飯のために余計にタレをつけていたみたいだ・・・。

最後に、ウーロン茶でこってりとした舌の上を洗い流すのがまた快感。

はぁ~満腹。ん?お会計?鈴木に預けてる財布に入ってんだろ?えっ?千円しかない?ふ~ん。

鈴木さんゴチになりやす。

焼肉一番館
岡山市駅前町2丁目6-15
086-223-4454

斉藤
斉藤です。

盆休み恒例の倉敷墓参り、勿論倉敷での昼飯タイムは組み込み済み。今回は鈴木のリクストでうどんという事なので、お墓から比較的近いなか浦に。って鈴木に倉敷方面でリクエストを聞くと98パーうどん・・・。

鈴木注文のざる
時既に遅し

あっという間の出来事・・・。辛うじて一口だけ貰う。今日のは、いつもより柔らかいかな?。つけ汁は倉敷に多い甘め。

斉藤の大好きななか浦の肉うどん(ちなみに、ここの肉うどんは普通のかけより器が大きく麺が多い。)
ラブ肉うどん

やっぱ美味ぇ。なか浦のかけ出汁と肉のコラボが好きだ。っと横をみると早々にざるを平らげてメニューを真剣に見ている鈴木・・・。ざるじゃ足りなかったんだね?ちょっと食べるか?・・・

・・・半分以下になってやっと返してもらいました・・・。

全然お腹も心も満たされぬまま店をでる・・・。そんな僕をみて鈴木がもう一軒行くか?と・・・。率先してハンドルを握る鈴木の運転でやってきたのは、鈴木が大好きな栄楽。自分が行きたかっただけじゃねーの?

やっぱりここでも鈴木はざる
ふとく、かたく、ながい 三拍子揃ったハード系

三口ほど貰ったけど、相変わらずヘビーな麺で胃袋にドシンと貯まる感じ。つけ汁はなか浦と同じ甘め。

僕は、久しぶりに栄楽でスペシャル
具の組み合わせは好きに注文できる。例えば天ぷらと玉子で天玉とかね

メニューに無い全部載せ。荒々しい肉に素朴でチープな天ぷらに玉子。ダシは先に食べたなか浦よりもあっさり目。麺はざると比べると若干やさしめになるが、それでも、なかなかにゴツクて食べでのある麺。

先にヘビーなざるを三口ほど貰った所為か、三分の一ほどで満腹感が出てきて箸の動きが遅くなる。すると、何も言わず鈴木が丼を奪い取りあっと言う間に平らげた。

店を出て車に乗った鈴木の一言

「やっぱ栄楽美味いなぁ。ざるもう一枚いけるなぁ」

とな・・・。

なか浦
倉敷市亀島1丁目12-30
086-444-8761

栄楽
倉敷市白楽町406-2
086-424-5268

うどん巡りとか無理っぽい斉藤
2008.08.19 麺屋たくみ
斉藤です。

鈴木休日前夜、少し金があったので割り勘で街に飲み出て、2人して成田家で程よく酔っ払う。その後、勢いがついて、次に行った立ち飲み屋で1人心底酔う鈴木。そんな彼女が率先して「オイ!たくみに行くぞ!」と勇ましく歩く。勿論「ヘイ!解かりやした!」と提灯持ち。

麺屋たくみ
酔っ払いを迎えてくれるこの一筋の光

和食の修行をなされた御主人が作る和風の味わいの”たくみそば”。開店当時僕は、飲んだ後にも自分が好きな”やまと”や今は無き”商人”系な和風な味が味わえる事が嬉しかったなぁ。

勿論、その店内は飲んだ後の客で溢れている。

僕は、この日なんとなくに生酒だけ注文。まぁ金も余り残ってないしね。
おいおいシカトかよって、まぁ話しかけれても困る

横にいた相当に酔った顔のおっさんがジロジロ見るんで乾杯のポーズをとるとシカトされました。何だよ、つれねーな。

鈴木のたくみそば
器の窪みだけ損してる気になるのは俺だけか?

ちょっともらったけど全てのバランスが良く文句無く美味い。しかし、こんな味だったかなぁ?もっと魚系が効いた味だった気もするなぁ。でも美味い。麺の喉越しやスープの匂いや味もだけど、この噛み応えのあるメンマも良いし、白髪葱のシャキシャキ感も良い。すべて相まって、もうコレ鉢の中が小宇宙だよ。飲んだ後にこんな美味いそばをを味わえるなんて幸せ。鈴木も幸せそうに麺を啜ってるし。

で、その後、鈴木が豪快に鉢のスープを飲み干し一言

「あぁ美味かった!斉藤勘定しといて!私もうお金ないよ!」

えーえっと俺?自分で行くぞって・・・つか金ねーなら初めから言えよ!。いやー、しかし、なんとなくに自分の分を頼まなくて良かったよ・・・珍しく第六感が働いたよ。

皿でも洗う羽目になるとこだった・・・。

麺屋たくみ
岡山市中央町8-12
086-222-0206

斉藤
盆・鈴木です。

今回、所用があり総社に。余り行く事がない土地なので、昼飯は総社でと、鈴斉心のメル友よしおがよく行っている”総社の超有名店 よこた手打ちうどん店”に。

このお店、斉藤は昔に食べたことがあるらしいが、私は今回初めて。
お客さん一杯いたお!!!

中に入りチラッと周りを見渡すと、釜飯の付く定食を食べている人が多数。ほうほう。

私注文 ざる定食
注文してすぐに出てくるざる定食。炭水化物vs炭水化物

コシとノビのある綺麗で滑らかな麺で、のど越しよろし。つけ出汁は、倉敷風の甘めではなく辛めでウズラの卵つき。釜飯は、出汁がしっかり効いて良い香り~!食欲をそそるわぁ。そして、また、底の方に付いているオコゲもたまらん!

斉藤注文 肉うどん
どこに行っても肉うどんを注文する事の多い斉藤氏

こちらも、のど越しの良い滑らかな麺。少ししょっぱ目の出汁に肉と揚げ玉の旨味が溶け込んで美味い。そして量もたっぷり。ここのメニュー、全体的に結構なボリュウムだと思います(鈴木斉藤的に)。

あぁ満足でござった。

つか、ここに行くまで、猛暑で死にかけながら仕事をしている”よしお”に対し二人して、

”死にかけよしおの代わりに総社のよこたうどんへ行く予定”
とか
”よしおは何食べたい?”

等サド的メールを送りまくり迷惑をかけたのは言うまでもない。。。

よこた手打ちうどん店
岡山県総社市井手1134-11
0866-92-4472

        LOVE THE うどーん鈴木
2008.08.12 そば処 水谷
斉藤です。こにゃにゃちわ。

サラリーマン時代、休日に昼酒を飲みによく行った店。水谷。周りのお客様はみるからにお金持ちや怖い人ばっかり・・・今思えば生意気盛りだったなぁ。そんな水谷に連れて行けと鈴木が生意気にのたまう。いやいや水谷は*金持ちが行く所なんよ!鈴木が行く所じゃないんよ!今は蕎麦のシーズンでもないし・・・等とすったもんだ・・・

そんな中、鈴木が放った落とし文句は”記事が一本書けるがー”・・・

・・・水谷
セレブが集う店

久しぶりに暖簾をくぐる。この日も、お金持ちや怖い人が居た。うーん・・・変わってない。

なにはともあれ清酒
蕎麦屋に行ったら酒

ここの練り味噌は辛めで酒が進みます。

玉子焼き
蕎麦屋の玉子焼きって何故か気になって食べてしまう

綺麗に焼かれた玉子焼きは甘め。

とり焼きと黒七味
しし唐もまた美味いんだよねぇ

この黒七味がまた・・・美味い

黒七味をかけて食べる、甘めのたれで香ばしく焼かれたとり焼き。キュとした歯ごたえがあって美味い、昔からここに来たら頼む定番肴。

せいろ
鈴木さん一口恵んでくだされ・・・

観ても綺麗な蕎麦ですな

そばは腰があってしゃっきりとしており、噛むと甘く滋味深い。つけ汁は少し鹹めで、ちょいとつけて手繰るのが美味い。しかし、昔から思うんだけど量が少ないんよなぁ。せいろ二枚にかけ一杯とか食べたい感じ。

まぁ蕎麦と言えば毎度の事なんですが、今回もお金を出して蕎麦は一口だけ味見しただけ・・・

*水谷は岡山の蕎麦屋の中で、とび抜けて高いって訳ではないです。斉藤の個人的なイメージ。

そば処 水谷
岡山県岡山市幸町4-26大重ビル1F
086-226-8266

斉藤
斉藤です。

暑い。熱い。ここは一発、暑い時は熱い物をの精神で鍋焼きうどんを食べにさぬきやに。

暑い時は熱い物だ

店内はクーラーガンガンで鍋焼き日和な温度。この涼しく快適な空間で熱いものをハフハフと食べるのは、冬に汗が滲むほど暖房が効いた中で冷たいビールを飲む爽快感に似ている。えっ?経験した事ない?

今回はカツ鍋うどん(カツ入りの鍋焼き)にビールの小瓶。
つかこれって饂飩版の排骨麺だよね

今回、鈴木は改心して普通の天ぷらが入った鍋焼き。2人で少しずつ互いのカツと天ぷらを分け合いながらハフハフ食べる。カツや天ぷらや、その他の多数の具材が溶け合った、あまい出汁の鍋焼き。これに冷えたビール。美味ぇぇぇ。

このゴツイどん兵衛のような麺が、ここの鍋焼きに良くあう。うどんと言えば喉越し重視な本場香川の讃岐うどん風じゃないと駄目っていう了見の人には向かないけどね、これはこれで美味い。

涼しい店の中、美味い鍋焼きで快適に汗をかいてさっぱり。良い暑気払いだなぁ。まぁ、店を出たら煮えるような暑さが待ってるのだが・・・。

手打ちうどん さぬきや
岡山市泉田25ー15
086-232-8653

斉藤
2008.08.04 ポール土産
あぁぁぁ(耳を押さえながら)斉藤です。特に意味は無いです。

今回は、食選記のPaulさんより頂いた、九州出張の土産二品。毎度毎度貰ってばかりですいません。

先ずは、馬刺しソフト燻製
クンクン燻製!

馬刺しのように切ったほうが良かったかな?

馬刺しというか、ほのかに馬肉の癖がある柔らかめのビーフジャッキーって感じかな。マヨネーズと良くあったよ。えっ?そんな食い方は邪道?。

つか、それより馬肉の塊を燻製した時点で馬刺じゃないような気がしないわけでもない。

次にサンポーの棒ラーメン。
僕の好きな久留米ラーメン

久留米とんこつ。これ、初めて食べる。

急遽作成したトッピングの品々
即席の具達よ

皮付き煮豚と、半日だけ漬けた煮玉子、浸透率を考えると、完成品には程遠い煮玉子。しかも自分の好みより茹で過ぎ気味。

THEチャーシュー祭り

煮豚と、煮玉子、ゆでモヤシ、白ゴマ、ねぎ、卸ニンニク、戻した木耳を千切りにして乗せる。つか乗せてたら少し麺が延びた・・・スマンPaul。しかし、このラーメンは久留米にしては、少し物足りないかな。もっと臭くもっとコクと脂をって感じかなぁ。インスタントでは無理か。

ちなみに紅しょうがも用意したけど、いきなり直に乗せて食べるのは苦手。レンゲに乗せて食べるのは好きだけども。直に乗せると汁がピンク色になって主張しすぎなんだよね。まぁ高菜も同じなんだけどもな。お店とかで直に載せるんなら替え玉した時位が好きなタイミング。ってそんな事誰も聞いてねーよ。

斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。