上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.30 菜楽園飯店
一ミリも面白い事が浮かばなくて、もう書くなと言う声が頭の中で聞えてきます。斉藤です。でも美味かったから書きます。

鈴木とスタヲショップ(アミーゴ東岡山)で買い物を終わらせお腹をすかせて徘徊。そーいや、昔ここいらに中華料理屋さんがあったなぁ、確か野菜みたいな名前で、何だか中々に解かりにくい場所なんよなぁ、と、住宅街に急に出現する中華料理屋さん。あっ!あった。

そーいや昔も急に出現してた気がするなぁ。

菜楽園飯店
看板は緑色だよ

昔は、ここに来たら炒飯、餃子、焼きそば辺りを食べていたような気が・・・。と思い出しながらメニューをみる。ちなみに周りのお客さんは皆、中華丼か焼きそば。うーん?何食べようかなぁ。

まぁここは初心に戻って、炒飯と酢豚のド定番メニューを選択。あとビールとザーサイも。
ザーサイは有料だからね

ザーサイでビールを飲みながら、周りを見渡して思い出す。そうそう丸テーブルがあって・・・あぁ昔と変わりないなぁ。

炒飯とスープ
ナツカシス

基本的炒飯スープ

あっあぁぁぁぁこれこれ!!!この炒飯だよ!ウマーーー!!!米はしっとりパラリで、細かに刻まれた具の主張具合も丁度良く、味にはパンチとコクがあるのだが品もあって美味い。ついてくるスープもTHE炒飯スープって味で良い。鈴木さんは、なんで店の炒飯はこんなにも美味いんだろうと、家で作る僕の炒飯に対しての遠まわしな批判を展開。まぁその意見受け入れるよ。これ美味ぇし。

酢豚
甘酢ボルケーノ

酢豚は甘みが効いたねっとり餡タイプ。これは多分、初めて食べたんだろうと思う。結構甘めでドロリ感があるので好みが分かれそうな感じですが、僕的にはアリかな。

あぁアレも食べたいコレも食べたくなってきたなぁ。また来なきゃなぁ。と思うのだけども、多分道とか覚えてなかったりするんだろうなぁ。

菜楽園飯店
岡山県岡山市高屋443-1
086-272-5190

斉藤
スポンサーサイト
無気力斉藤です。

実家から届けられた酢漬けの茗荷に鈴木が舞い踊る。昔うちの実家から届けられた茗荷と鮭のばら寿司が美味かったからだ。しかし、今回届けられたのは、酢漬けの茗荷、大葉・・・のみ。自分で作れと言う事か・・・または、何かに使えと言う事か・・・

最近料理意欲0の僕としては面倒な事この上ない・・・。

翌日、仕事場を抜け出してまで僕に塩鮭を届ける鈴木。

寿司をやれと言う事か・・・。やった事ないんだよね寿司。電話で人に聞くのもネットで調べる気もない。全てが面倒。

えぇぇいもう想像で作ってやれ。

塩鮭を焼いて身をほぐす。中々小骨が取れねぇ。
根気がいるなぁ・・・

昆布入り水少なめと超適当でご飯を炊く。

そーいや桶と団扇がねーな。木の桶と団扇で水分を飛ばさないといけない様な気もするけど。無いものは仕方ない。

一番大きくて平たいと思われる鍋と扇風機を用意。炊きたてご飯を鍋に移し、扇風機で送風しながら、酢漬け茗荷と漬け酢をかけまわしご飯をシャモジで切る。酢の分量がわからねぇーけど、今のところいい感じだな。

ちょいと味見。うーん味が薄いなー。この漬け酢薄い?とか思いながら漬け酢を追加投入してたら、当たり前のようにべっとり加減になってきた。あぁぁぁぁぁ。

まぁでも後戻りは出来ないので、具を投入、ほぐした鮭の身、細く切った大葉、白ごまをいれて切る。

どうみてもダマになっている気がするけど・・・コレ以上観ていると胸くそが悪くなってゴミ箱に投入しそうなので、おとなしく蓋をして冷蔵庫に。

夕方、鈴木が帰ってきて皿に盛って出す・・・
それなりに美味かったです

冷蔵庫に入れたので、少し乾燥され、見た目が少し持ち返す。なんだか反則気味だけど、まぁ、いいか。味もそこそこだし。

次の日、残った寿司に思いつきで、婆さんが漬けた梅干の漬け酢をすこし回しかけると味が引き締まり更に美味くなりました。これだよこれ。味が薄いって茗荷の漬け酢を更にいれるんではなく隠し味で梅酢を入れればよかったんだな。

・・・が、数日後、鈴木がうちの実家に問い合わせたところ、今回の茗荷の酢漬けは酢飯用じゃない事が判明。酢飯用が欲しければ、それ用に作るよとの事(´・ω・`)ショボーン

今回が失敗したというなら以下の点が反省ポイント

飯はもっと水分を少なめに炊く
酢は自分で味見して調合しておく
隠し味に梅酢?
桶とかあったらなぁ
具は後乗せの方が写りが良い
無気力を直そう
この性格を直そう
実家に電話で聞け←1番重要

斉藤
*この記事はPCクラッシュ前(一月?)に書かれたものです。メールBOXやデジカメの中よりサルベージして完成させました。。。

大阪で生まれた~女やさかい~♪
生まれも育ちも岡山じゃけ~鈴木です。

この前、姉と大阪へ行ってきましたー。というのも姉が何を思ったのか「ミュージカルを観に行こう」と言い出しまして。特にミュージカルが観たい訳じゃなかったけど、大阪には美味しいものがたくさんある!と食優先の単細胞具合で「行くわ」と即OK。

その日より、お好み焼き、串かつ、焼肉等とネット検索。くぅーんたまらんわ。

大阪発前日、交通の便を考えて、うちに泊まる事になった姉。しかし、その日姉は、急に仕事場の新年会が入り、うちに来たのが丑三つ時。酔拳の使い手のように妙な動きで現れた姉は既にベロベロ。ひたすら「すみません、どうも」をうわ言のように繰返しゲロゴッソのオンパレード。

そのまま姉は、吐いたまま化粧も落とさず、唸りながら寝床についた。

翌早朝、早めに起こし風呂に入れてあげようと思うが、まるで死人のように全然起きない。時間も迫っていたので、無理やり引き起こす。まるで等身大の操り人形。その駄目人形を外に出られるだけの服を着させ、顔も洗わぬまま部屋をでた。

偽セレブな鈴木姉妹の交通手段は、無論、高速バスという名のリムジン。姉には、途中のSAで手が凍るほどの水道水でクレンジング洗顔、リムジンの中で非常時の化粧をさせる。

大阪に着いた途端、激二日酔いの姉は、駅の喫茶店に入ってトイレにこもり、またまたゲボゴッソのオンパレード。トイレから出て来た姉は、蚊の鳴く様な声で「すみません、どうも、横になりたいのですが・・・」と私に訴えかけ、テーブルに駄目なシールのように張り付く。仕方ないので、姉を近くのネットカフェに連れて行くことに。

斉藤に、無意味に用意周到だと言われる私は、遠出の時には数種類の薬を持参している。その薬(胃薬)を、ここぞとばかりに姉に飲ませ、個室ブースに放り込んだ。

数時間後、ミュージカル開演時間始ギリギリに違うブースにいた私が姉を起しに行くと、姉のブースからは酸っぱい酒の匂いが。。。

酒臭の漂う中で、スヤスヤと安眠する姉の寝顔は、生気もなく、まるで死神の様。そんな中、私に気付き「すみません、どうも」と起上がり、私に案内されるがままミュージカルが行われる梅田芸術劇場までチョコチョコと付いて来た。

♪絶好調真冬の恋

大沢たかお初ミュージカル「ファントム」。姉は大沢たかおの大ファン。そう、ミュージカルというか大沢たかおが目当て。

大沢たかおファンの癖に、ケチって三階席を買った姉は、席から舞台までの余りの距離にガックリ。しかし、カバンから出したオペラグラスを目の周りにカタが付くんじゃないかというほど押し付け、左から右、右から左へと、舞台が始まる前から、軍人のようにシミュレーション。その軍人のような周到さを前日に発揮してもらいたかった。

シミュレーションが終わったと思うと、いきなり何の根拠か

「私、たかおと結婚できるかも」

などの発言。さっきまでトイレで唸っていた女が、風呂にも入ってなく二日酔いで酒の臭いをプンプンさせている女が、化粧の乗りも悪いうえ目がくぼみクマだらけの女が、大沢たかおと結婚???はぁ?まだ酔っているのか?大丈夫か?まぁーいいや、幸せな時間を過ごしてくれ。

最初は、ミュージカルなんてって少し馬鹿にしていたけど、生の音源に響く歌声、せつなく悲しい物語、舞台一杯のアクションに目が離せなくなり終わる頃にはすっかり嵌ってしまった。90パーセント以上仮面をかぶった大沢たかお様に少し不満げだった姉も最後には私同様に嵌っていた。

ミュージカル最高!!!

舞台が終わり少し気分がよくなった姉と待望の夕食へ。やっぱ大阪といえばお好み焼きだろと、ネットで確認していた店に向かうが・・・なんと定休日。。。うかつだった。。。と思ってテクテクと探していると串かつ”松葉”という看板、そう言えば昔、斉藤が何か松葉とか串かつとかダークダックスだとか言ってたな。。。

大阪魔宮

ここでいっか。立ち呑みで串かつ・・・何だか大阪らしいしと暖簾を潜る。後で斉藤に聞いたら、ダークダックスとは、店が混んで来るとお客様が皆、半身に構えて詰め飲み、その姿がダークダックスみたいだからって事らしい。いかにも大阪的なユーモア。ちなみに斉藤は、松葉に行った事はないらしい。毎度お馴染み、口先薀蓄番長。

店内はさほど込んでなくダークダックスになる事はなかった。酒臭を漂わせる姉がダークダックスとか周りの人に申しわけないので、まぁよかったよかった。

二度漬け禁止のダークダックス

ここは予め揚げてある串かつ。お店の人に温めてくれって言うと二度揚げしてくれます。中々に愉快。しかし安い。ふと隣の姉を見る。勿論少し回復したといえ姉は、油モノなど食べれるわけもなく、またもグッタリ。おまけに気の良さそうな酔ったおっちゃんにナンパされる。うーん。適当に三つほど食べて退散。あぁ腹減った。。。

帰りのリムジン中。駅で買った551の肉まんを食べながら、もっと大阪を満喫したかったなぁと一人思う・・・

オッパイパイ

その時、横で寝ていた姉の寝言

「すみません、どうも」

・・・・・・。

松葉総本店
大阪府大阪市北区角田町9-25 新梅田食堂街
06-6312-6615

551 蓬莱

                   ファントム鈴木
斉藤の酒を飲んだら激酔いした鈴木です。よく見ると果実酒を漬けるホワイトリカー。何だあいつ?化け物か?。気がつくとテーブルの上の酒がない斉藤です。まてまて~酒泥棒!

今回もリクエストイラスト対決第四弾。。。

斉:今回はよしおとギター(現在はハルヲとギター)のよしおのリクエスト
鈴:よしおと言えば・・・
斉:表向きは小洒落音楽ブログ調理鰤
鈴:鰤・・・
斉:実情は私生活投げ売りブログ調理鰤
鈴:偉いよ~ポカヤマ一偉いよ~
斉:あと、めがね男子好きだよね
鈴:斉藤も影響されて外でもめがねかけだしたよな
斉:えっえっそんな事ないよ・・・
鈴:意識しとんじゃねん?
斉:ちちちちげーよ!!!
鈴:あと、シベ超で有名な岡山出身の映画評論家 故水野晴郎氏フリーク
斉:黙祷
鈴:黙祷
斉:いやぁー、よしおって本当に素晴らしいものですね!
鈴:ですね!
斉:そんな、よしおとギターのよしおのリクエストは”よしお”
鈴:・・・よしお。・・・よしお。


先ずは斉藤画伯版よしお
鰤よしお

斉:うーん多分こんなシトじゃないかな?
鈴:妙にリアル過ぎて引くわ!見たことねぇけど


続いて鈴木画伯版よしお
ミニチュワァーよしお

斉:意表を突いてきたな・・・
鈴:私的には水森亜土みたいなシトだと日々妄想
斉:亜土ちゃんて・・・どう見てもモンキーなんだが・・・

食べ物記事が貯まっているので、少し間が空くかもしれませんが、まだまだ続くリクエストイラスト対決。次回のイラスト対決はかりさんからのリクエストの予定だ。

*リクエスト自体はいつでも受け付けます。

おまけ画像1
the中華

樺太のいや、の海老マヨ。濃厚マヨソースを纏ったプリプリ海老がてんこ盛り。海老好き鈴木大興奮。

おまけ画像2
theブタ

太華の豚天。太華特有の黒ゴマ入り衣の豚天。黒ゴマのアクセントも良く、肉柔らかく美味い。斉藤は、太華のこの豚天をご飯の上に乗せてかきこみつつ、ラーメンをすするというのがマイブーム。激ウマなんだけど、豚人間の癖に貧弱な斉藤胃袋では、そんなに量を食べれないという諸刃のオーダー。

じゃあの

鈴木画伯と斉藤画伯
食べ物記事書くのが面白くない鈴木です。そのくせ色々と食べたがるってのはどういう事なんだ?金欠斉藤です。ジャンボ!

今回もリクエストイラスト対決第三弾。。。

斉:今回はよいおっさんへの道のwin-twinsさんのリクエスト
鈴:win-twinsさんと言えば・・・
斉:よいおっさんさん
鈴:HNが2つの画家会社員・・・
斉:nyanko(新しい記事読みたいなぁ)軍団員として自宅の庭園で石釜を作成中
鈴:アジトみたいになってるよね
斉:いや、もはやサティアン
鈴:大概その後にブルジョアリッツパーリーをしてるね
斉:そうそう世界中の珍味をリッツの上に乗せて食べるパーリーな
鈴:で、皆で酒を浴びるように飲みながら踊ってるらしい
斉:バブルだバブル
鈴:あと、それと・・・私たちも大好きだったFUTAのパパでもあった・・・(涙)
斉:FUTA・・・
鈴:先に天国へ行っちゃったけど、FUTAはお利口さんだから、きっとおっちゃんを待ってくれてるよ
斉:えっ?winさんも早く天国に行けって事か?
鈴:いやいやいや、そういうわけでは無いのよ!!!
斉:・・・そんなwin-twinsさんのリクエストは浮世絵と牛、浮世絵?牛?
鈴:・・・ウキヨエ?

先ずは斉藤画伯版浮世絵?
ザ☆仕事人

斉:春画しか思いつかない・・・まぁそれは描けないので、こんな感じに
鈴:なんだか京本政樹を思わせるな。

続いて鈴木画伯版浮世絵
ザ☆江戸っ子

斉:歌舞伎?にしても貧相な歌舞伎だなオイ・・・しかも着物が左前・・・死に装束?ゾンビか?
鈴:おっちゃん難しいわぁ・・・浮世絵ってなんだ?美人画とかいやらしい絵とかも浮世絵なのかしら?

2人ともちゃんと浮世絵を知らない・・・日本の美術教員はもっと浮世絵を教えるべきとか責任転換してみる。

続いては追加で頂いたリクエストの牛

斉藤画伯版牛
ザ☆ジャージィー

斉:ジャージィ牛って奴?
鈴:なに?カツラ?

鈴木画伯版牛
ザ☆マキバオー

斉:マキバオーじゃねーか・・・
鈴:おっおん。・・・確かに馬のようだ

まだまだ更に続くリクエストイラスト対決、次回のイラスト対決は夢の国よしおランドからのエントリー、吉幾三のギター、否、もとい*”よしおとギター”のよしおだ!。

*現在は故水野晴郎氏を偲んでハルヲとギターに改名されました。

おまけ画像

松風

トミーズならぬ松風のブルーベリー食パン

じゃあの

鈴木画伯と斉藤画伯
金欠斉藤です。

鈴木の誕生日、以前より前を通る度に気になっていた磨屋町の”広島風お好み焼&鉄板焼BAR銀蔵”に。

さりげなさすぎて少しわかり難いかも

店に入ると銀色に輝く厚さ19ミリの鉄板の上で盛大に焼かれる広島風お好み焼きがお出迎え。満員の店内、運良く空いていた鉄板前に陣取る。まさにかぶりつきアリーナ。

先ず、ホルモン塩焼きで乾杯。
こういうホルモンもいいねぇ!

表面がカリッと焼かれたホルモンは生ビールに良くあって美味い。

鉄板焼きの・・・次はお好み焼き。スタンダード(キャベツ・もやし・肉・玉子・そば)に+いか天・葱かけというデリシャスを注文。

厚い鉄板の上で、薄く広げられる生地、キャベツともやし(ここはもやし多し)の山、大鍋で茹で上げられた広島は磯野製麺の麺に、軽快に割られていく玉子、仕上げにカープソースと葱+ゴマでフニッシュ。

目の前で繰り広げられるお好み焼き&鉄板焼きスペクタクル。一時も休み無く次から次へと焼きあがる。

切り分けてもらう前の小山のように盛られた葱は圧巻。切る前に写真とればよかった・・・。
切り分ける前の葱山は本当に圧巻

パリッと焼かれた麺、もっちりとした生地、蒸されたキャベツ・もやし・イカ天等と大量の葱にアクセントのゴマが一体となっている。

ここは、店員さんのきびきびとした仕事っぷりや、お客さまへの対応が大変感じよくて気持ちが良い。これはまた、良い処を見つけてしまった・・・。

・・・つか、この後、誕生日でもあり、店員の仕事っぷりや、美味い料理にテンションアゲアゲの鈴木さんは僕の財布が空になるまで立ち飲み屋で飲まれました。

広島風お好み焼&鉄板焼BAR 銀蔵
岡山市磨屋町7-11磨屋町パレス1F
086-222-7701

斉藤
今日ポストへ届いてた「あとむ」と「まりも」と「れおん」のHarunaさんからのプレゼント。
届くまで毎日ポストを覗くのが楽しみで仕方がなかったプレゼント。
開封するのにドキドキしたプレゼント。

スタスキーの豪華3本立て手作り首輪セット!
この手の込んだオサレ品質。貰って良いのだろうか?
この見事な梱包と3種の首輪!!開けた瞬間手が震えた。

ちょっとどころではなく写りが悪いですが、装着してみました。

こんなオデでも少し品が良くなった?
茶色地にピンクのドット

オサレボーイだろ?
茶色地にイカリ

上品なベルトとおっさん顔
白地にカラフルな花柄

あまりにも素晴らしい首輪なので使うの勿体無いけどガンガン使わせて頂きます。
改めてHarunaさんありがとうございました!!

鈴木と斉藤とスタスキー
鈴木さん誕生日おめでとうございます。

2日過ぎましたが、スタスキーさん誕生日おめでとうございます。

お2人ともこれからもヨロシクお願いします。

斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。