上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中GW真っ只中。多分皆リアルで忙しくて観てないだろうけど更新。

今回もまたまたやってまいりました! GWも仕事です鈴木VS長い正月休みから長いGWに突入しました斉藤の「うろ覚えお絵かき対決」

第二回のお題は「パンダ」。絵だけは大分前に描いていたのですが、今回奇しくも上野動物園のリンリンを偲ぶ事になってしまった・・・黙祷。

さて、愛くるしい顔して凶暴だというパンダ。果たして2人の画の行く末は?

まずは斉藤画伯から
笹とか持たせて卑怯くせぇ@鈴

鈴:タモさん?やっぱりごついよな斉藤の絵は。。。
斉:まぁこんな感じでねーの?

次に鈴木画伯
何故に乗り物を描く?@斉

斉:やなせたかし先生が描く犬?鼻の穴まで描く意味は?ゲルググ?
鈴:カワユス~。イメージは天満屋の屋上のパンダカー。鼻の穴はオプション的な感じです!

なんか今回は簡単すぎたのかさらりと描けてしまいました。簡単すぎだな・・・。

告知!
お題の提供求む。難しそうなお題大歓迎!
見返りは求めない方向で。

今回のおまけ画像は
人がイッパイいたお(;´Д`)

天ぷらがパチパチと鳴るうどん屋さんの肉天うどん。最後らへんが油ギッシュ。

じゃあの。

鈴斉画伯より愛をこめて
スポンサーサイト
鈴木です。また風邪引いた気がします。
斉藤です。アルコール中毒な気がします。まぁ多分そうなんだけども。

鈴斉二人で街中の病院へお見舞い帰りの昼、ぶらりふらりと太華へ。

この切れた電球がここの商店街らしいといえばらしい

広くはないので相席上等なお店ですが、こちらも相席上等なので気にせず相席上等!夜露死苦!

まずはキリンの瓶ビール500円と
旨げな出で立ち

酢豚780円
河童向きな胡瓜入り酢豚

肉柔らかくて美味。ちなみにここの酢豚は胡瓜入り、甘酢によくあってます。しかし白飯食いてぇなぁ。

で、ご飯100円
ちょいドーンって感じ

結構な盛でございます。あぁ何だか汁物が欲しいなぁ。

で、ラーメン520円
侮れねぇ

トッピングはチャシュー、メンマ、葱のオーソドックススタイル。口当たりのよいスープは魚系の味で、街の中華屋さんと言うより本格ラーメン屋さんの味。あえて例えれば”やまと”を少々荒っぽくしたような感じかな。美味しいです。鈴木斉藤的にはこの値段でこのラーメンが食べれる事に大満足。

酢豚、ご飯、ラーメン、ビール。順に口に運ぶ幸せ。堪らんなぁ。

計1900円でご馳走さま。

中華飯店 太華
岡山市表町3丁目4-27
086-233-9094

鈴木斉藤
オデはネコである。
名前はスタスキー。
只今、夢の中。

zzz・・・
待て待て~オデのステフ~ニャハハハ


・・・
やったなこの~ニャハハハ♪ニャハハハハ♪


ビーチク
ステフ~ニャハハハ♪「カシャ!」なんだこの音は?


・・・あっ?
はっ!てめぇーなに撮ってやがる


オデが寝てる間になにビーチクとってんだよサイトー!

あっ?
画像掲示板に投稿するんじゃーねぇだろうなぁ?あん?


スタスキー
2008.04.17 春雨ゴールド
鈴木の雇い主さんより、お酒を頂く。

毎度毎度ありがたや~ありがたや~。

今回は宮里酒造所の春雨ゴールド。
春雨カリーってのもあるみたいよ

2年間熟成の30度の泡盛。作り手は古酒の熟成感を目指しているそう。キャッチフレーズは「古くも香り高く、つよくもまろやか、辛くも甘い酒、春雨」だそうです。

ややマッタリ感があり癖のある味で、泡盛というか芋焼酎に近いような少し木のフレーバー的なモノを感じる。まぁ泡盛だから間違いなく米なんだけどもね。

僕は基本生地で飲むんですが、こいつは少しだけ水でのばしたほうが合う気がします。のばしても味を損なわないし、むしろ味が軽快になり風味の隅々までより解かりやすくなるのではないかと思う。 っと能書きをたれていますが、勿論適当なのでそこいら辺はヨロシク。

ちなみに沖縄国際海洋博覧会の折、皇室に献上されたお酒はこの宮里酒造所さんの泡盛だったらしいですぞ。

いやー本当にありがたや~ありがたや~。

宮里酒造所 
那覇市小禄645
098-857-3065

斉藤
斉藤です。

鈴木知り合いのちょい悪オヤジというか、完全に悪い系の人等に強く薦められていた”さぬきや”の鍋焼きうどん。

昔から知っていたけど、30号線の陸橋の上からしか見ることがなかった店。本当に美味いの?って感じだったけど、悪いゾーンの人間は得てして美味いものを知っているので気にはなっていた。この度やっと初成敗。

店に入ると”ぷぅん”と香るカレーの匂い。店内は懐古的というか、凄く田舎の食堂に来たような感じ。

まずは瓶ビール。嬉しい事にキリンの小瓶が置いてある。
昼とかだと小瓶が丁度良いサイズなんよね

鍋焼きうどん
蓋を取る瞬間とか楽しいよね

中身はこんな感じ
あぁ美しきかな生卵

具は海老天、せせり、豚肉?、あげ、玉葱、長葱、かまぼこ、なると、生卵。あげにはたっぷりと熱々のスープが含まれているので火傷に要注意。


煮込まれて美味くなる感じ

見た目はごついきし麺のよう。 その平たい麺は捩れていて、少々ごつめで、つるつるって感じではなく、余りノビとか少ない感じ。

海老天・せせり・豚肉?からはコク、あげ・玉葱等からは甘み、それらが溶け出た熱々のスープを生卵がマイルドにまとめ上げていて美味い。この強めの麺もそのスープによく合う。また熱々の鍋焼きうどんに瓶ビールの取り合わせもよい。

やっぱ悪い人は美味い物も良く知ってたりするもんだなぁ。

と感心している目の前で”自称ざるうどん好き”で我の強い鈴木さんは、鍋焼きが美味いと薦められていたのにもかかわらず、”ざるうどん”を頼んで一口食べると、少し物欲しそうな顔で僕の鍋焼きうどんをみていた・・・。

やっぱ、この麺がよくあうのは鍋焼きとかカレーうどんや暖かい汁物の類かなぁ。ねぇ鈴木さん。

手打ちうどん さぬきや
岡山市泉田25ー15
086-232-8653

斉藤
ご無沙汰鈴木です。
すっかり春めいて気持ちはダークに。
(春にルンルンパロメンチョになってる人がとても羨ましい)
そんな今日の仕事中に知人より

「缶ビールが余っているので取りにおいでよ」

と・・・

ヒャホッーイィ!!!ルンルンパロメンチョ

とは言えこの人からは毎回毎回貰ってばかりなんよねぇ。
何かお返しを・・・って斉藤に電話

「何か良い贈り物とかない?」

「はぁ?知るか!!!」

「・・・ネット開けやコラ!とっとと検索しろやこのブタ!!!」

「はっ、はい!素敵女子が天満屋の地下で良さげなみたらし団子をゲットしております」

「ラジャー」

仕事をなるべく早く終え天満屋の地下の特設でいつまでか知らないけど期間限定で焼いている京都の「藤菜美」の団子を買いに。

閉店間際の天満屋に走りこみ、みたらし団子ゲット。
焼きたてを売ってくれるみたらし団子に思わず生唾ごっくん。
たまらず自分用にも三本購入。
底がとても暖か~い

アツアツのみたらし団子をおみやに知人宅に行き大量のビールを戴く。
その後、速攻で30本ほどのビールと自分用のアツアツみたらし団子を抱え込みルンルンパロメンチョに帰宅。

それがこのみたらし団子
少し小ぶりな団子3兄弟

砂糖が入ってないきな粉をお好みでまぶす
びゃーっとかけます

焼きたての香ばしい餅に絡んだ甘すぎない餡。付属のきな粉も美味しい大豆の味がしてグッド。しかしうめぇーなコレ!ルンルンパロメンチョだよ!もっと買っておくべきだった。

いやーしかし今日は良いルンルンパロメンチョな日であった。
おっ斉藤、そこのビールを冷蔵庫で冷やしとけや。

special thanks ”素敵女子(にゃーさん)”

藤菜美
京都市山科区勧修寺瀬戸河原町45
0120-81-2473

     鈴木
2008.04.09 瓶ビール考
店に入り瓶ビールを頼む。目の前にドンと汗のかいた瓶ビール。それをなんの変哲もない普通のよく磨かれたグラスにトクトクと注ぎ、綺麗な琥珀色と白色の泡のコントラストを目で楽しんだ後、乾杯と杯を上げゴクリと喉に流し込む。クリーミーな炭酸の刺激。染み入る味。文句なく美味い。

その瓶ビール。

鈴木画伯からみえる瓶ビールはこんな感じ

飲食店で注文すると、何も聞かれずにアサヒのドライがでるか、まれにキリンのラガーがくる。少し気の利いた店ならアサヒにしますか?キリンにしますか?と聞いてくる。さらに気が利けばそれにエビスが加わる。ごくまれにサントリーのモルツやサッポロも加わる嬉しい店もある。

今挙げた瓶ビール。大体どれも好き。

ビールは鮮度で味が相当に劣化していくものなので、多少の味の違いはあるけど同じ鮮度のものであればどれも大概美味いだろうと思う。うん。

しかし、そうなると回転の良いモノが圧倒的に鮮度が良く美味い事になる。

上で書いたように店でオーダーした時をみても消費量は圧倒的にドライが多いのではないだろうか。まぁ需要と供給ってやつですか。そら当たり前に美味いわなぁ。そういう意味では実際美味いし。

・・・なぁ皆もっともっとキリンとかサッポロとか飲もうよ。いやマジで。回転率が上がって鮮度が今よりもっと良くなれば、もっともっと美味いはずだから。いやまぁ多分なんだけども・・・。

注:今回は外国産ビールについては除いてます。

文:斉藤 画:鈴木
貧乏神斉藤行きつけのイカしたイタ飯屋。そうサイゼリヤ。妙に落ち着くサイゼリヤ。今時の女子とか騒いでいても心頭滅却すれば何とやらで落ち着きます。男子は帰れ。

今回は2chのワイン板やファミレス板のサイゼスレで観た、ワインがすすむと言うツマミを試してみる。

フォッカチオ109円と
熱々なんだな

おろしたて粉チーズ(ペコリーノ)69円
羊さん

ドリバにあるオリーブオイル
多分エキストラバージンオリーブオイル

白ワインデカンタ大370円を飲みながら
サイゼでは白ばっか飲んでおりやす

暖かくてもっちりとしたフォッカチオを千切って癖の余り無いオリーブオイルに浸し
勢い余って手につけるなよ

それを若干癖があって乳の匂いがするペコリーノに突っ込みチーズを塗してお口に べらぼうにつけるとしょっぱいかも

鼻にぬけるチーズの匂い、オリーブオイルのコク、モチモチのフォッカチオの三位一体攻撃と白ワイン。

うめー。

あっくれぐれも飲酒運転は止めような。
運転者マーク?

鈴木様、毎度運転してくれてありがとう。

斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。