上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.29 パスタ三種
斉藤です。

鈴木が執筆中につき今回も僕が更新。いい加減な手抜きなんじゃねとかいうなよ。酔ってても何とか記事をあげる所を評価してくれ。あぁ僕今泥酔中。秋はセンチメンタルだからな。何気に寂しいんだよ。

そんな今回は斉藤パスタ特集。まぁ最近作ったパスタを挙げるだけなんだけどな。手抜きじゃないぞ。たまたま画像に残ってただけだ。

鈴木が鰯の開きを買ってきたときに作ったパスタ。鰯の開きで何を作ってもらいたかったのか不明なんだけど。適当に塩胡椒して小麦粉を付けオリーブオイルでソテー。その鍋でアンチョビ・ニンニク・唐辛子を炒めその中に茹でたキャベツとパスタと茹で汁少々をを放り込みあえ最後に塩・胡椒しておしまい。

まぁ変形ぺペロンチーノか

普通に旨いです。作り方のコツとしてはオイルと茹で汁をフライパン等を激しく動かし良く混ぜ合わせて乳化するのがコツかな。

次は冷凍庫の半額牛ミンチが邪魔だったので作ったミートボールのパスタ。ミンチ・黄卵・ナツメグ・塩・胡椒・粗微塵に刻んだたまねぎで作ったミートボールをニンニクを効かせたオリーブオイルで焼く。そこに唐辛子・白ワイン・トマトのホール缶・塩・胡椒・ケチャップ・ベーコン・溶けるチーズ・タバスコ・粉バジルを入れてソースを作りミートボールと共に煮て最後パスタにあえて完成。

見た目悪!

見た目悪いけど旨いです。あっ食う前には粉チーズね。

最後は貰い物のトビッコを使ってトビッコパスタ。生クリーム・牛乳・バター・塩・胡椒をクリーム臭さがなくなるように火を通す。できたら火を落としたそこに黄卵と粉チーズを入れてよく混ぜてトビッコ投入。そこにパスタを放り込み混ぜて皿に盛り、余ったトビッコと適当にあった水菜を飾りに添えてみる。

一番好きなトビッコの食べ方

旨いですが生クリームか牛乳が多かったのか少しソースが緩い。でもスープパスタと思えば良い。つか今思ったけど昆布茶で味を付けてもいいかもな。まぁでも気にしない気にしない。一休み一休み。しかし本当に旨いトビッコパスタが食べたければタイムマシーンに乗って僕が初めてトビッコパスタを食べた新西大寺町商店街近くの”かくれめしや”に行くか、時間旅行が面倒と思うなら元かくれめしや店主の現在の店、田町の”黒色チューリップ”に行けば旨いトビッコパスタがあるよ。まぁでも黒色チューリップには鈴木しか行ったことは無いけどな。未だに昔と変わらぬ味であったらしいぜ。

コレ位かな。パスタは(画像を撮っていたのは)。一応オイル、トマト、クリームと三種類だわな。

でな初めに鈴木執筆中とか書いたけど実は今横でスタスキーと二人高鼾で寝てるんだ。しかも夜も9時くらいからな。横に俺がいるのにな。本当にセンチメンタルだろ。センチメンタルって意味がよく解かってないからアレなんだけどもな。

センチメンタルバス斉藤
スポンサーサイト
斉藤です。

鈴木が文章の神が降りてこないとか電波な事を言い出して記事を一文字も書かないので連投です。まぁあれです僕にも神様は降りてこないんですけどね。

豆腐で有名な若観門豆。ここは揚げ豆腐やガンモも旨く、少し贅沢をしたい時にはわざわざ車を走らせ買いに行く。今回は若観門豆岡南店へ。

頭が弱い鈴木さんは「若観門豆」という漢字が読めない。

揚げ出し豆腐
揚げ出し豆腐なのになんだか体に優しく胃に優しい

ここには他に白和え、卯の花、煮豆などの惣菜もあり、そのどれも良い味をしている。そのなかでも僕が好きなのが煮豆とガンモ。

煮豆
全て同じような大きさで食感たまらなく好きだ

すっきりとした出し汁に、とても柔らかく煮られて上顎と舌で潰れる位に柔らかい大豆・人参・牛蒡、そして小さく賽の目に切られた蒟蒻と昆布。

ガンモ
グーグーガンモ

鈴木はこのガンモのメインの一つともいえる銀杏を決して食べない

自分でおでんを煮る要領で煮たガンモ。このガンモから甘めの出汁がでて旨いです。中にはゆりねがたっぷり。無論銀杏も入ってます。ゆりねと銀杏大好きなので堪りません。

こいつらで夕飯前に清酒を飲むのが堪らなく旨い。

若観門豆 岡南店
岡山県岡山市立川町3-15
086-261-1317

*他に野田、玉野の玉原と田井、倉敷の児島にもあります。

斉藤
先日に引き続き斉藤です。

嫌がる鈴木を尻目に先日の水炊きの次の日早速カレーを作成。

最初に玉ねぎだけいれてよく炒めるのがいいね。

玉ねぎ、にんにく、唐辛子、卸ショウガ、卸ニンジンをバターとサラダ油で炒めて、圧力鍋にスープと適当に切った鶏モモ肉と共に放り込み鶏肉が崩れる位に加圧。

マッシャーが欲しいなり

加圧している間にポテトを適当に切りレンジで加熱。そのあと塩・コショウ・カレー粉・牛乳を入れたボールの中で潰してマッシュポテトを作る。ちなみにこれはお昼の顔タモさんのカレーレシピからのパクリ。

ここらへんは弱火でな

圧力鍋から普通の鍋に移し唐辛子を除きお玉かなんかで鶏肉を崩す。その後加熱しながらルーを溶かし火を止め半日ほど放置して完成。無論食べる前には暖める。これ作成途中にヨーグルトやチーズ等を入れたり最後にガラムマサラを入れたり上等のお肉を焼いて入れたりしても旨い。まぁ金があればなんでも入れろって毎度同じ事を書いてみる。

チーズは溶けるタイプな

カレーの上にチーズ(これは好み)横にはマッシュポテトを添えて食卓に。食べるときにはこれをグチャグチャに混ぜて食べる。ちなみにこれもタモさん流。

で翌日にカレーが残ったら
熱いので気をつけて

焼きカレー。
耐熱皿にバターを塗りご飯を入れて真ん中に窪みをつけて生卵を投入。冷えたカレー(暖かいと卵に火が通り過ぎるかも)をかけてチーズを載せ。焼き色用に粉チーズをふりオーブンで焼く。うちはトースターだけどもな。で出来上がりにスプーンを入れると

卵の上のルーやチーズが少ないと黄身に火が通り過ぎるかも

少し熱が入った黄身がトローってな。

なっ旨そうでしょ。この黄身が。いやまぁカレーも旨いんだけど。鈴木がそう大して反応しないからね・・・。

斉藤
2007.10.17 鶏の水炊き
最近料理するのが面倒な斉藤です。もう世の中酒と簡単な肴だけでいいんじゃない?多分痩せるし。・・・とは鈴木に面と向かっては言えず・・・そんな僕がチャッチャッと適当に作る鍋。多分ご飯としても酒の肴にしても旨いと思う。

手羽先を酒・水・にんにく一片・生姜一片・唐辛子・白葱の青い所・出汁昆布を圧力鍋で結構煮る。で煮ている間に。

シュッシュッいわしたんで

鶏ミンチ(モモ肉)に卵・卸にんにく・卸生姜・塩・胡椒・刻み葱を入れてよく練って鶏肉団子を作成する。あと葛きりなり春雨を戻しておく。

わいのパンチで潰したるわ

圧力鍋から昆布・白葱の青い所・にんにく・生姜・唐辛子を取り除き、他の鍋に手羽先とスープを移し火をつけて肉団子・キャベツ・葛きりor春雨を順に入れていき最後にゴマを多めにいれて完成。無論他の野菜や肉を入れてもOKというか金があったら何だって入れれば良い。ちなみにこれに塩とベーコンとかを入れると塩ちゃんこになるよ。

どや

手羽先から出たコラーゲンと出汁に鶏肉団子の出汁のコクが加わったスープを、トロトロの手羽先やホクホク肉団子、甘いキャベツやスープを吸った葛きりや春雨と共にポン酢と刻み葱と柚子胡椒or唐辛子(韓国唐辛子とか旨いかも)で食べる。

これが斉藤流や

最後残ったスープで雑炊にすればいいのだけど、鈴木が雑炊嫌いなのでうちでは濾してカレーの出汁になります(塩を入れて塩ちゃんこにすると駄目だけども)。なのでこの鍋の次の日はカレーという凄い楽チンメニュー。

いまの時期位から週1ペースでこの鍋。そして翌日はカレー。このリピートに鈴木はかなり不機嫌。どうもカレーが続くのは好きじゃないらしい。毎週このカレーを見ると「私は海軍か!」と嘆き食卓につく。しかし鶏鍋が好きな鈴木は渋々カレーを食べ続けている。つか鶏鍋は毎週でも食えるんかい!

ったく・・・このスープで作るカレー旨いのに。いやまぁこの鶏鍋のスープで作るカレーだからなんとか毎週食べ続けれるのかもしれないな。

斉藤
オデはネコである。
名前はスタスキー(オス)。
今日はスズキのことを話すよ。

よぉ!久しぶりだな

スズキという女はだらしがないけどキチョウ面。そうわかりにくいセイカクなんんだ。

たとえば洗たくしたり干したりするのはしないけど、たたむのだけはキレイにたたむ。ごはんはつくらないけどオデの大好きなプリンは作る。ソウジはしないけどオデをよく風呂にいれる。晩めしのときテーブルセッティングはするが食べ終わったら片つけもせず一歩もうごかずテレビをみている。その後も手にとどかないものは全てサイトーにとりにいかす。そのときに

「スタスキーがピーチゼリーが食べたいって言ってるからとってきてー」
「スタスキーが耳掻きで遊びたいっていってるからとってきてー」
「スタスキーがのどがかわいたっていってるから飲み物買ってきてー」

っとすべてオデのせい・・・。まったくとんでもない女だ。

でもスズキは毎日オデとサイトーのために出かせぎに行ってて、クタクタにツカレているのにムショクのオデらのためにカケイのやりくりを毎夜デンタクをポチポチしながら頭をナヤマセている。オデもお手伝いしたくてデンタクをポチッとなってしたらスズキにヒョイって首をつかまれポイッてされるんだけどな。リョウシュショをファイリングしているの時も手伝ってやろうとチョイチョイってやってやると、またもやポイッてされる。オデも手伝ってやるってんのにスズキもエンリョしちゃってさ。カワイイ奴よ。

ほいほいほーい、ポチっとな!

あとさスズキが出かせぎから帰ってきたらいつもペロッてキスしてやるとスゲーよろこぶんだ。ホントカワイイ奴よ。

スタスキー
2007.10.07 山富士 本町店
無職の斉藤が

「週末ポールと恒例の飲み会に行きますお」

と調子こいて言ってきた。まぁ男だから付き合いは大事にしないとなといけないし、自分のお金で行くならと了承。

当日仕事を終え帰宅すると斉藤の姿はもう無く真っ暗な部屋からスタスキーがニャーとないていた。電気をつけ台所を見回すと几帳面な斉藤の仕事場はいつものようにキレイにされている。スタスキーの夜ご飯もきちんと用意されている。

ん?アレ?冷蔵庫の中かな?アレ?ない!!はーっ!?そう私の夜ご飯が何一つ用意されてなかった…。私なんて私なんて所詮そんなもんよ。とズボラな私はマッククーポンを握り締めドライブスルーへと向う。

「クーポンの○○番1つ!」

「お客様申し訳ありませんがそちらのクーポンは期限が切れておりますのでお使い出来ません」

所詮そんなもんよ私なんて・・・

「・・・・・じゃあチーズバーガー1つ・・・以上で」

はぁ~まあいいや、ビール飲みながら100円マックをスタスキーと分け合い食べるか。ビール♪ビール♪と家に帰り冷蔵庫へ直行。ん?アレ?ねーし!あぁ昨日でビールのストック切れてたんだぁ・・・はぁ~所詮私なんてそんなもんよ。

まぁ今日は休肝日にしてあの酔っ払いを迎えに行ってやるか。とバンズを食べるスタスキーに話しかける。斉藤がいない事がかなり不自然なのかスタスキーはいつもの走りまわって大暴れな悪男に変身することなく私にベッタリ。トイレに行くのもお風呂に入るのもずっとベッタリ。なんてカワイイのぉ~しかしお腹空いたな~と幸福と空腹に浸っているとき携帯が鳴った。

着信:斉藤
『今終わった。あ~ラーメンでも食べるか?奢るわ』
発信:鈴木
『奢り!はい!ラーメン食べます!すぐお迎えに行きまーす。』

時刻は0時過ぎ、繁華街に向い車を走らせる。酔ってないふりをするベロベロの斉藤を拾い無難に山富士の本町店へ向う。

こんな所に何故か警官が二人たってました。ラーメンでも食べればいいのに。

自分で誘ったくせに、お腹いっぱいでラーメン一杯を全部食えないと泥酔豚がダダをこねる。そのくせビールは絶対いるんだと。まぁ奢りだからいいけどな。なのでシェア用に”ねぎらーめん”大盛り1つとビール1本の注文。

山富士といえば”ねぎラーメン”よな。
ここは天ぷらラーメンっていう人もいるけどやっぱねぎラーメンでしょう。

一応斉藤がここの記事の下書きを書いてたので載せときます。

(酔っ払い斉藤パート)
ねぎの香りとスープの少し下世話に美味い香りが絡まった良い匂いが、酔って原始的な感覚になった鼻の奥に訴えってきます。酔った体が欲する炭水化物の麺が胃を落ちつかせ、甘みのあるスープが体にに染み入る。そのスープにテーブルの胡椒をふると舌と鼻の奥でアクセントとなり風味が増える。取りあえず岡山で深夜まで飲んだ後に食べるスタンダードな店です。
(終わり)

だそうです。

素面の私的には少しカラかったかな?こんな感じだっけ?そういえば今まで素面で食べることが余り無かったんだけど、なんかイメージが違うな?。たまたまカラいのか?私の体調か?でも酔豚は美味そうに食ってて何にも言わないから、ここのラーメンは酔って食べると丁度よい味になるのか?もしそうなら飲み屋街のラーメン屋だけにさすがによーできとるわって感じか?。

今度は豚が酔っている私を迎えにきた時に検証し・・・ってまぁあの豚、飲み会のお迎え時間なんぞには絶対飲んでるんで到底無理なんだけどもな。所詮そんなもんよ私なんて・・・。

山富士 本町店
岡山市本町5-13第3本多ビル1F
086-225-6147

*中央町店もあります。斉藤的にはその昔はそっちの方によく行きやしたとの事です。

鈴木と斉藤
朝一にnyankoさんの記事を読んで、あっ今日の昼は”かめや”だなっと思い、岡山でざる食うなら”かめや”が良いにゃ~が口癖の鈴木を誘い移転間近の”かめや”に

かめや
この風景もあと少しか

12時ジャスト位に来店。

ざる
やっぱ12時近辺の麺は格段にいいねぇ

かけ
あぁ柚子胡椒とりわすれた!

出来たてのクニュクニュモチモチの麺。

ゲソとちくわ&玉子の天ぷら
この心配りにノックアウト

食べやすく切り分けられたゲソ・ちくわ。この心配りが”かめや”の人気のひとつ。

ちらし寿司
うどん屋にあるちらし寿司が妙に旨い

綺麗なちらし寿司。甘めの寿司飯と食べやすく丁度いい大きさの具。具と寿司飯がバランスよく口のなかで混ざり合い旨い。

我々が口福に浸っている間にも次から次に来店。大体の客がこの店の移転をおかぁさんと話している。「遠くなるねぇ」とか「明日も来るからね」という常客もおり、あぁ本当の本当に移転するんだなぁってシミジミ思いながら食べ終えてゴチソウサマと店を出た。

是非、移転先でも”かめや”の味とこの店と客との雰囲気を味わいたい。

*現店舗は10月3日まで。店内にあるノートに連絡先を記入すると移転先の案内状が送られてくるみたいです。

鈴木斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。