上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.30 なか浦
鈴木です。
斉藤と水島の「なか浦」に行ってきました。斉藤が若く収入のあった?時から行っている御用達店。鈴木は落ちぶれた斉藤に連れてこられて奢らされ、斉藤のふがいなさを痛感した店なのですが、その時から鈴木の大好きな味の一つになった店。
水島の胃袋の一つ

ざる。食べ急ぎ写真を撮る前に薬味の葱とワサビを投入。つけ汁は水島や倉敷に多い愛媛・九州方面寄りの甘い汁。鈴木はこれが大好き。
速攻でくるざる

冷たく引き締まった麺。気持ちよい弾力で口にいれた感触もよく無論喉越しもよい、甘めの出汁をまとったこの麺を啜るのが止まらない。甘い出汁好きな鈴木は、もちろん最後に汁をズズッと飲み干す。
引き締まった感じ

湯だめ。つけ汁は温かく薄い色のすっきりとした味。薬味はレモンと生姜と葱。
うどん界のじゅんさい

ヌメリをまといチュルチュルとした麺。やさしい喉越しでスッとお腹に入る
ヌメリをまとう麺

肉うどん。肉の脂と天かすが透明の出汁にとけあい旨い
男のロマン肉うどん

湯だめとは麺の表情がガラリと変わり、がっちりとして締まっている感じ。喉越しが元気よく腹にもガッツンとくる。
三種三様の麺

平日の15時過ぎだというのに続々とお客がきているこの水島の人気店。かたや平日の15時過ぎに何もする事も無く年下女子の奢りでうどんを食べる無職。斉藤よお前ここで注文取りとからはじめて色々と人生の基礎からやり直しなおせや。

なか浦
倉敷市亀島1丁目12-30
086-444-8761

      倉敷うどんマンセー鈴木と一部斉藤
スポンサーサイト
腹がへって腹がへって仕方ない鈴木'sホリデー午後三時の岡北周辺。そういえば色々と用事を片付けていて未だに飯食べてない。既にお腹が減りすぎてHPがなくなり棺おけに入っている斉藤を引きずり、この近辺でのドラクエの教会にあたることころの天婦羅の店松木に。

ゴールドではなく円表示の松木メニュー
くれぐれもお布施は円で

コロッケ、チキンカツ大、ゴボウ天、イカフライ、いかなごの天ぷらを注文。その内イカフライといかなごは揚げたて!なんだかはぐれメタルに遭遇した感覚。
これでHPもMPも回復!

コロッケは、ようするに芋スタンダード。ゴボウ天は、太いゴボウだが柔らかく噛み切りやすい。チキンカツ大は、肉(ムネ肉?)にスパイシーな下味がついてあり美味しく文字通り大きい。値段も安くて相当なコストパフォーマンス。

以下はぐれメタル級
揚げたてイカフライ
だいおういかじゃないよ

当たり前のように柔らかくて美味しい。

揚げたていかなごの天ぷら
ジパングでも獲れるのか?

まさに旬。揚げたてホクホクの中に軽い苦味。酒が進むであろう美味しさ。

斉藤の口に上記の美味しい揚げ物を押し込み、神父が祈る

「おお わが しゅよ! ぜんち ぜんのうの カミよ!ちゅうじつなる カミの しもべ 斉藤の さまよえる みたまを いまここに よびもどしたまえ!」

斉藤が生き帰った!しかしステータスが無職・・・
鈴木が斉藤にギガデインを唱えた・・・

天婦羅の店 松木
岡山県岡山市北方1丁目5-2
086-223-8316

     実はドラクエをした事が余り無い勇者鈴木
2007.03.28 ザ☆ステーキ
貧乏面さげて実家に帰るとステーキ肉貰えました。
斉藤です。

黒毛和牛1496円。しかも半額じゃない。もうなんだか貧乏の神様に取り付かれた僕は怖くて筋切りさえもできない。
冷凍庫で眠っておりました

なに?このとろけそうな脂。触ってはいけない感じがする
怖くて触れねぇ

塩胡椒してニンニク牛脂で恐る恐るながらもさっと焼いてみる
恐る恐る

少しくらい筋きりというか形成くらいはすればよかった。というかなんかネットリまとうこのオーラはなに?無職には眩しすぎる。僕と言う無職が1496円の肉に負けた瞬間。
神々しい

肉汁でステーキソースをつくってかけ
自作ソースで陵辱

ピンク色の切り口をじっくりと愛でた後は口に・・・グッハ
レアだレア

・・・なぁ鈴木この肉に僕が勝てる日がくるのかなぁ。

斉藤
ある日の夕刻、中々晩御飯が決まらなかったので、前回食べ損ねたハザワの砂ズリが食べたいと鈴木にせがみ買いに行ってまいりました。

夕刻たまたまなのか、店前にはやけに中年サラリーマンの客が多い。以前昼に行ったときは男子高校生ばっかで爽やか学生ライフなフレッシュ感満載だったのに、今回は何だか疲れたサラリーマン満載の最終の新幹線的な雰囲気。そんな在りし日の高校生の成れの果てとハザワという肉特急に乗車して砂ズリを注文。
頑張れ中年サラリーマン

揚げたての熱いヤツを口に入れてハフハフ、噛むとジュッと熱い汁が飛び出しハフハフ。ガリガリとした衣と程よい力で噛み切れるズリの弾力が気持ちいい。そしてまたこのスナック風味の味がまたビール、特に缶ビールに良くあい旨い。

中年サラリーマンに混じってた為か?なんだか噛締めるたびに最終の新幹線でネクタイを緩め缶ビールを飲む中年サラリーマンの姿がチラホラ瞼に浮かび哀愁の味がする。Ladies and gentlemen,Welcome to the Shinkansen.This is the Nozomi superexpress bound for ・・・

ミートショップ ハザワ
岡山市桑田町13-29
086-224-3735

そんなリーマンだった時もある斉藤
2007.03.26 さざなみ
斉藤です。
鈴木と用事を片付けながら、車を走らせていたある昼下がり、道中にあった”さざなみ”でサクッと食事タイム。

かけ小2つにゲソ天、竹輪天、半熟卵天。
いかの足と鶏の卵と魚のすり身の天ぷらと素うどん

ゲソ天が大きいので頬張ると口の周りが油だらけになる。でも柔いので直ぐに噛み切れますね。ビールのお供に適当に切って出したらよくあうよなぁとか考えてると、頭が舌にほろ苦い液体の味を描き出して欲しくなったが、まだ用事の最中とグッと我慢。

半熟卵天のコレ!このトロトロの黄身!なんだか無駄にテンションがあがりますよね半熟卵ってやつは
US帰りのドロンパの口にクリソツまたはU子

先客に毛玉だらけのユニクロスエット、ピンク色の薄汚れたサンダル、グラサンというグダグダな格好の若いカップルが食べていましたが、彼らの方より後に来た僕らが先に食い終わってた。その時に彼らはまだ半分位しか終わってない。不思議。しかも話も全然盛り上がってる風じゃないのに。不思議だ。あのな、そのうどん既にグダグダだよお前たち。とかそんな下らない事が気になります。斉藤です。
祖母さんから分葱と葉ごぼうを貰った。春だ。斉藤です。

分葱はまっはさんとこで見て食べたかった”ぬた”に。母親からこれまた貰った白味噌ベースの特製味噌に練り芥子加えて酢で延ばした物を、さっと茹でて水気を切ったわけぎと湯通しした揚げを混ぜるだけ。
ヌタタタタタァ

分葱と揚げのぬた
お母さーん、やっぱり味噌はますや味噌よ

あぁ簡単で旨い。アサリとかイカとかあれば更に旨いんだろうけど残念ながら我が家には無かった。というか酒が進むな。

葉ごぼうはnyankoさんみたく炒め煮な感じで。まず最初に根を水で晒したり、茎を軽く塩茹でたりしてアクをぬき下処理。唐辛子をガツンと効かせて豚肉と一緒に砂糖・醤油・酒・味醂で炒め煮に。
春・・・それは淡いピンク(関係ねぇー)

葉ごぼうと豚肉の炒め煮
チミ!今夜は和ごころを堪能したまえ!

口に入れると茎はガシュガシュ根はゴリゴリと楽しい歯ごたえ。口の中にゴボウ特有の土の薫りがして野趣溢れる味。豚肉とも良く合う。無論酒とも良くあい進む。

二つとも酒の友でもご飯のお供でもばっちり合う。なにより春を感じる。ほらソコに小さい官女や五人囃子に囲まれたお内裏様がお花見しているのが見えるよ・・・春だなぁウフフフ

今夜も飲みすぎ斉藤
岡山食べ歩きブログの若きカリスマちゃりさんからのカツサンド挑発にも答えられないほどの貧乏な斉藤です。鈴木の許可なしにお金使えないし。というか持ってないし。

そんな僕がちょっと外でアルコールを摂取したくなり鈴木に懇願してサイゼリヤ。頼むのは白ワイン。安いし飲めるしでガブガブ飲料。鈴木も大好きサイゼの白ワイン。今回はマグナム(1.5L@1060円)をオーダー。安くて良心的な居酒屋だよ、いや本当に。大好きサイゼリヤ。
マグナム

つまみにはマルゲリータにオリーブオイルとタバスコぶっかけたヤツ。つかコレに生バジルがガツンと乗ってたらいいのに。
バジルをください

ガブガブと飲んでも1.5L。残ったら無論お持ち帰りできます。鈴木の冷たい視線がなければその場で飲めるのだけどね・・・
テイクアウト万歳

まぁ家でカツサンドでもつまみながら飲むのもいいですわな。

まぁカツサンド買えないんだけどなゲフッ(つまみなしでマグナムラッパ飲み)。

酒浸り斉藤
鈴木です。
お客様にハンバーグの作り方を教わったので作ってみました。いやまぁ作ったのは斉藤で鈴木は教わったことを指示したのみだけども。

脂を潰すように手でミンチ肉と塩、胡椒、ナツメグをよくこね合せる。牛乳に浸して絞ったパン粉、全卵各少々を入れてさらにこね合わせる。とにかくこねてこねてこね合せる。そして形成してパンパンパンと空気をよく抜いて抜いて抜きまくる。レンジのオーブンモードで余熱して暖まったとこにアルミホイルをひいて焼いて(最後にソースで煮込んで馴染ませたほうが良いかも?斉藤談)
こねこねこね抜き抜き抜き

出来上がり
リストランテ鈴木

ソースは斉藤がよくする調味料混ぜ合わせ簡易ソース(今回は市販の安いデミソースとケチャプ・ウスター・赤ワイン・バターのソース)に粒マスタードを隠し味に入れた。全部斉藤がしたんだけど。

本当は人参と玉葱をオーブンで焦がしたのを、ちゃんと仔牛の骨を使っているデミグラスソースで煮込んで漉すとかしてみたかったが斉藤が面倒くさがってしてくれなかった。あの無職。売るほど時間があるくせに。

しかしこのハンバーグは肉汁たっぷりで美味かった。さすが鈴木指示。まぁ斉藤のソースも手抜き簡単ソースの割りに中々美味かったかな。

口頭調理人鈴木
暖かい格好をしたら暑いし脱いだら寒いし何じゃボケェ!!!と怒りたくなる昨今ですが皆はどうかな?

先日、国富の方に用事があったので岡山屈指の人気パン屋ブーランジェリーおかやま工房に寄ってちと買い食い。
青い空と青い自転車とおかやま工房

斉藤チョイスのコロッケコッペ
とにかくコロッケザクザク

大口開けてムギュと口いっぱいに頬張るとコロッケ衣のザクザク感、野菜のシャクシャク感、ソースの酸味、軽めの食感のパンからじんわりと出てくる甘みが口中に一気に広がり楽しい。二口目からは子供のように夢中に口いっぱい詰めて口全体でムシャムシャザクザクシャクシャクと味わい食べた。旨い。

鈴木チョイスの元祖ベイクドポテト
焼きたてホクホク

齧るとモチモチと柔らかい生地とベーコン・ジャガイモの感触がよく美味しい。中心部付近に進むと熱でトロトロになったマヨネーズがジュワと口に広がり更に美味しさアップ。結構なボリュウムで食べ応えがあります。

ひっきりなしにお客が来店。残り少ないパンを全部買い占めようとしてるオバちゃんがチラと斉藤の顔色を伺う。どうぞ。と発音せずに口を開く。心の中では”ディーーームそれが旨いやつなんだなシット!”と悪態。とまぁ気持ちのいいほど目の前でパンがドンドンなくなるドンドンパンパンドンパンパンな店でした。

ブーランジェリーおかやま工房
岡山県岡山市国富224
086-270-1500

ドンファンファン斉藤伯爵と驚き桃の木山椒の鈴木
斉藤です。
先日鈴木がどうしてもオムライスを食べたいと言うので渋々作成。

オムライスとか簡単そうに見えて難しいし何より自分であまり食べたいものじゃなかったので本当に渋々。しかも、やれトロトロ卵が良いだの、中はケチャプ味のチキンライスじゃないと嫌だの一々注文をつけてくるたびにイライラと鬱憤がつのる。

酒でも飲まないとやってられない。

その鬱憤を晴らすように酒を煽りながら、中華鍋で米がこびり付かないように中華のお玉を使ってガッコンガッコンと激しく掻き混ぜながらチキンライスを作り皿に盛る。

その態度に鈴木が文句を付け出し口喧嘩開始。

言い合いながら鍋にバター・赤ワイン・市販のデミソース・ケチャツプ・ウスターソースを放り込み適当に火にかけながらガシャガシァと混ぜ合わし、赤ワインを味見しながらソースを作る。

鈴木は「もういらんわ!」と騒ぎ出すもかまわず続ける。

鬱憤はさらにヒートアップし酒の量も増える。ボールにドンドンと卵を割り入れて味付けをしガシガシと混ぜ合わせたのをフライパンにザッパーと流し込んで卵に火を通しながら(火の調節だけは慎重に調整しながら)木ベラで混ぜつつオムレツ型に成型。

アラヨット!ってな!

最後鈴木の目の前で、チキンライスに卵を乗せてナイフで開きソースをかけチーズをふり最後にパセリが無かったので、代わりにあった乾燥バジルを散らして完成。
オムロック

旨いものを食べると人って寛容になるのな。鈴木さっきまでの喧嘩体勢を直にといてボーノボーノ状態。僕?僕は料理が思ってたよりスムースに完成した達成感で溜飲もさがり独り酒を口に運びつつ微笑む。円満円満で一件落着・・・

と思いきや次の瞬間鈴木が

「酒飲みすぎじゃろがい!」

お酒が万能の薬です斉藤
2007.03.17 いかなご
斉藤です。
スーパーで半額になっていた”いかなご”を、ホイルで造った器に入れて酒をふり温めたものにポン酢をまわしかけて荒い唐辛子と葱。
”かますご”とも言いますな

いまだ肌寒いこの時期に薄手のカーディガンを肩に羽織り、燗酒をチビリチビリとやってじんわり体を温め、ホイルからホクホクとした”いかなご”を箸で摘まんで口に運ぶと、ほんのりとした味の奥にある微かなホロ苦さが春の味を感じさせる。

ポエム斉藤
2007.03.16 名玄
斉藤です
先日久しぶりに岡山のセルフうどんの老舗である名玄に鈴木と行ってきました。
平井の台所

斉藤的には子供の頃から食べているので慣れ親しんだ落ち着く味。
ここは麺を自分でデボで温める方式、ここでは何故か長いこと温めたほうが斉藤の好みである。理由?子供の頃温めるのが珍しくておもしろかったので。
ここの出汁には甘めと辛めがあって自分で注ぐんだけど、ずっと昔から半々に混ぜてます。理由?わからないけど子供心にお得な気がしたから。
あと子供の頃はコロッケを上にのせ出汁でグダグダにしてから混ぜ込んで食べるのが好きでした。理由?普通の味に飽きて濃い目のものが食べたくなったから。

いまはもう大人なのでかけ小、ごぼうかき揚げ、竹輪天などを普通に別皿で食べる
これぞビンボーランチ!

鈴木スペシャル(無料葱カツオ節メチャ乗せ)
「無料」の文字にとことん弱い鈴木の貧乏根性

無料昆布が既になかったのが残念らしい。
まぁこの雑駁さが名玄らしい食べ方といえば食べ方である。


というかここで久しぶりに食べてたら昔にコロッケを潰してたあの日あの時に帰りたくなった。理由?そらお前オッサンで無職より子供のほうがいいだろ?なぁ?

名玄
岡山市平井6丁目7-17
086-273-5472

バブー斉藤
2007.03.15 シエル
鈴木です。
先日、斉藤の職安に付き合いがてら職安の近所のパン屋さんCielに
職安帰りの強い味方

斉藤チョイスのピロシキ
車の中で早速食べ始めて
「冷めててもサックサクの外側で中の生地はしっとりモチモチ。具は肉まん風。よくわからないけどコルホーズの味」
とほざいておりました。そんな例えはいいから早く仕事見つけろ。
コルホーズとは?


私はメープルメロンパン
外から中までメープルシロップが行き渡り幸せ運ぶメロンパン。あぁこういう美味しいものを食べている時だけ斉藤無職の不甲斐なさを忘れられる。あぁ幸せ。あぁ幸せ。
メイプルタウンへようこそ



なぁ斉藤よお前パン職人になれや。

Ciel
岡山市野田1-13-15
086-242-0140


        パティ鈴木
斉藤です。
paulさん(オッサン)から急に牡蠣のお誘いを受けイソイソと女子のように外出の用意をする斉藤(オッサン)。待ち合わせ時間にマンションの前に車でお迎えで

医大近くで*250円!の弁当を奢って貰い
清輝橋のホットスポット

このような風景の場所に行き
山岳地帯

チキンカツと鶏から揚げの弁当を二人で分け合い
鶏と鶏との取り合わせ

250円弁当のカツの厚み、から揚げのボリュウム、味のよさに驚いたりしつつ
恐るべし肉厚

このような物をこんな感じの道具でいい感じに焼いたりして
とら箱とファイヤー

何もつけずにとか
プレーン

醤油をつけたりとか
ソイソース

はたまた持参したケチャプとタバスコつけたりして
これはこれでアリですよ

海の旨味をたらふく味わう。無論こうなるとこのような液体も
堪らんよなぁ気が利くよなぁ

用意されていたりして、しかも帰りには野菜のお土産つきという至れり尽くせりぶり。つかこれってアレか?わしゃpaulさんのレコか!

*弁当
ニコマル弁当 (有)ネオックス
岡山市清輝橋2-1-3 岡大付属病院近く

男芸者斉藤
最近斉藤の車の運転が荒くなって、足を踏ん張りながら疲労感いっぱいで助手席に乗っている鈴木です。文句を言うと「自分で運転しろ」と逆切れ。休みの日とかに運転するのは嫌だから黙ってちょこんと座ってる。

まぁそんなこんなで東署に用事があったので以前から斉藤が気になっていた東署の近くにあるパン屋『ブランジェリーコロンバージュ』に行って来ましたー。なんでも斉藤いわくnyankoさんのサイトで見たカツサンドが食べたいとの事。

無論カツサンドを目当てに店内へはいるも初めての店勝手がわからない。店員にうながされどうやらここは自分で好きなものをトングで取る方式ではなくケーキ屋さんみたくガラスケースに入ったパンを店員にオーダーする方式とわかる。回りをぐるっと見回すもカツサンドの場所が解からずオロオロ。そんな中
「カツサンドくださる?あら1つしかないのね、まぁいいわ」
と後から来たセレブリティーなおばちゃんがあっさりと注文。しかも私たちが必死に見ていたケースではなくレジを挟んだ別のケースに。しまった!あっちにもあったのか!
残念ながら残り1つのカツサンドを目の前でお見送りした。グッバイカツサンド。

店内に残された我々は何を買えばいいのか解からず店を出るわけにもいかず。私の「何が欲しい」の問いに何も考えられない斉藤は「なんでもいい」という腹立たしい答え。お前がここに来たいって言ってきたのに急にさじ投げつけられてブチキレですよ。適当に目についたものを注文。しかもパンは1つも注文せず「千屋牛のミートパイとアンチョビとトマトのパイ」とパイのみ注文。「なんでもいい」と言ってた斉藤はパイのみのオーダーにすかさず「あっ、あとパンチェッタのこのパンください」と勝手にオーダー。おめぇーだっきゃー!!欲しいものがあるんじゃねーか!!そんなにパンチェッタが食いたけりゃー自分の腹を塩付けにして食ってろ!!そんなことを悶々と思いながらレジを済ませる。

腹立たしい気持ちを抑えながら車に戻り早速パイ・パンとご対面。いや~美味しそうなものを口にする前は実にうれしいものですね。さっきまでの殺意がウソのように消え去る。まず斉藤が注文したパンチェッタ。
とんがり具合が凶器だ

カリッカリのパンに塩がよく効いたパンチェッタが食欲を増す。これはビールがあったら最高ですね。

続いてアンチョビとトマトのパイ。
デル・ピエロもボーノ!ボーノ!ボーノ!!

コレもまたしっかりとした味付けでこのソースでパスタ作ったらすげぇー美味しいだろうなぁ。

最後に千屋牛のミートパイ。
新見生まれか!この野郎!

ミートとミートした瞬間ジューシーが生まれた。

総合的に惣菜の味付けが美味しい。全体的に濃く塩分濃度が高く感じるが生地によくあってる。酒飲みにはもってこいの惣菜パンたち。天然酵母を使ったパンはムギュムギュと噛むと滋味あふれる感じ。ただパイの生地はサクサクで散らかりやすいので車の中で食べるのと食前にグロスを塗るのは要注意。しかしホントおいしかったなぁ~。

おいしい香りを車いっぱいにして駐車場から出る。左に出るつもりが斉藤はパンの匂いに舞い上がったのか急に右に変更。右から来た車が急停車。本日一番力む私の両足。斉藤が運転する助手席で息絶える日は近い。

ブランジェリーコロンバージュ
岡山市浜1丁目12-15
086-270-2779

               胴体着陸鈴木
斉藤です。

飽きもせずに子供の頃からずっと食べてる祖母さんが毎年漬ける漬物。

焼酎の湯割りと青魚の煮物にかかせない梅干と
カレーとなんちゃってタルタルソースの必需品ラッキョウ
瓶の中のワンダーランド

物心ついた時から食卓にある奈良漬け
綺麗な飴色


別に特別な味ってわけでもないし手を伸ばせばそこにあるようなものばかり。
だから無いとさみしいし、また味にも飽きない。
なので飽きもせず毎年貰って普通に消費してまた貰う。
無論今年も来年も再来年もその先もずっと先まで貰い続ける。
じゃねぇと食卓がさみしくなるからな祖母さんよ。

斉藤
斉藤です。

昨晩寝る前にいきなり「明日の朝はコールスローが食べたい」とかのたまわれたので仕方なく作成。朝来る友達に振舞うのだと。

今回はファーストフード風コールスローで作成。
寝る前にキャベツ、ニンジン、タマネギを切ってナイロン袋に塩1匙と一緒に掘り込み揉む、それを冷蔵庫に適当な重石を載せて放置。マヨネーズ、ミルク、砂糖、塩、酢、黒胡椒、レモン汁をボールで混ぜ合わせたソースも一緒に冷蔵庫にいれとおく。手がタマネギくさくて中々眠れねぇ。鈴木の友達が来る時間にあわせ独り朝6時にベットからでて放置しておいた野菜を取り出し水気をよく絞りソースとあえて冷蔵庫でさらに冷やす。
手がくさすぎる

ちとソースの量が多かったがまぁ味はファーストフード風のコールスロー。
シルダクコールスロー

ちなみに鈴木は朝バタバタしており友達にコレを振舞う事はなかった・・・
が・ん・ば・れ・さ・い・と・う。

斉藤
さいとうです。

鈴木が出社前急に明日の朝に友達が来るからと衝撃の告白。しかも知らないうちに洗濯機のスイッチを入れて独り出社。ベランダにはまだ前日の洗濯物。周りを見回す。汚い部屋とバスルーム。朝飯の残骸が積まれた台所。回る洗濯機。

ため息を一つついてベランダに出て下を覗き込む。鈴木が自転車で颯爽と出かけていた。もう一つため息。洗濯物を取り込んでせっせっと畳み仕舞う。ご丁寧に電子音が洗濯物の終了を教えてくれる。冷たい洗濯物をハンガーやピンチで干し、休むまもなく部屋を片付け掃除機をかけて雑巾がけ。途中昼飯代わりに菓子パンとお菓子を口にいれ、また掃除。台所付近は入念に油関係を洗剤で落とし水拭き空拭き。気がつけば既に夕刻。最後にバスルームの掃除を終えるともう鈴木の帰宅時刻。というか鈴木帰宅。

晩飯を何も作ってない。ふと割引券付きチラシに目がいく”王将”。速攻電話で注文して二人で取りに行く。

王将の餃子三人前と冷凍ご飯の残骸
ラー油酢醤油とゆずこしょう酢醤油

で今、鈴木が明日の朝飯にコールスローを作ってとほざいて独り風呂に入ってます。
えっとマジ?

さいとう
斉藤です。

斉藤の実家から浅月の持帰りそばがあるので取りに来いとの電話。

浅月・・・持帰りそば・・・とは
浅月が流行った全盛期時の味に一番近いのではと私が勝手に思ってるそば。最近はまたボチボチいい評判も聞くようになったが一時期は店に閑古鳥がないてたようなイメージがある浅月。がこの天満屋系で売っている持帰りは長年ずっと、あの昔学生服で行けば割引になるという事に惹かれ皆で食べた土曜日昼の味に、メタボリックなど露知らずトンカツ乗せとか注文して浮かれきっていたあの時のあの味に、近しくしかもブレのない味で来ているはずの逸品である。

斉藤書房刊『知られざる岡山メンラー列伝激戦駅裏編』より

その旨を鈴木に連絡。
すると数分後鈴木から指令→最近ご無沙汰気味の鈴木姉宅で浅月持帰りそばを振舞え→イエッサー!
夕刻お握りを6つ作成し車を走らせる→斉藤実家でそばを受理→鈴木職場に迎えに参る→鈴木姉宅到着。
ぼぼぼくがおにぎりをにににぎったんだなぁ

浅月特性お持帰りそばmeetsお握りin鈴木姉(独身OL)宅
ピンクの水玉カーテンon浅月・・・昭和

斉藤が台所で硬めに麺を茹でて
天神級のグダグダ感

鈴木姉妹がコタツに入りながら電気式鍋でスープを沸かしたのに茹でた麺と付属のラード・メンマ・チャーシュー・葱と共に入れて完成
食い急いだ鈴木のやっつけセンスの盛り付け

「さぁ!お握りに海苔を巻いて岡山市最古参店と言われる浅月の持帰りそばと共に食え!鈴木姉妹よ!」
海苔は食う前に手前ぇで巻け!

鈴木姉say

「これラーメン屋さんのラーメンみたいでおいし~」

浅月いうたじゃろうが!

ケータリング斉藤
親愛なるちゃりさんに捧げます。

今日はあまり揚げ物をしない調理担当の斉藤に代わり鈴木がから揚げを揚げてくださるそうです。

こういう時は、とりあえずこんな感じの飲み物を用意しましょう。
揚げる前からタマンネェなぁ

鶏肉を揉み揉み下処理して油見て揚げてます。
♪お肉好き好きお腹空き空き

そこを横から揚げたてをおもむろにつまみ上げ
カラッと油こくない旅行

ブッシュージュジュワ(ほとばしる熱い肉汁)ハフハフ
佐藤浩市の熱がる顔が目に浮かぶだろ?ええ?

で、グビグビゥッヒーグゥ!ウマーって堪らん!
メーカーも品物も違うけれども浩市の飲む顔が目に浮かぶだろ?おう?

でまだまだ揚げ揚げ、最後にポテトで上がり。
アイラブイット

さっ食卓に並べて晩飯たべようぜ。
幸せ家族の夢つくりヘルシーホーム

油谷斉藤
鈴木さんの終業時間なのに連絡がない。
鈴木さんが居なくなってしまうと僕はきっとMJに飼われてたバブルスみたいに払い箱・・・と思いきや電話が鳴った。「寒いから早く迎えに来て~」「はーい」斉藤です。

先日paulさんに春菊とかを大量に貰いました。本当にありがたい。今回はそれを使いパスタでいただきます。ありがとう。

うちは備え付けコンロが一つなのでパスタはレンジ調理。でその間に他の準備。ニンニクと唐辛子でオリーブオイルに香り付け。あればそこにアンチョビを少々。その上から適当に切った豚肉に塩胡椒して炒める。春菊はあらかじめ軽く茹でておいた物を豚と一緒の鍋に入れ軽く火を通す。茹で上がったパスタと茹で汁少々を鍋に入れてよく振りオイルと茹で汁を乳化。最後に味をみて塩胡椒で調整。
ムーンウォークをしながらあらよっと!

トングで捻りながら皿に高く盛り付けてフィニシュ。
ポオゥ!

食べる前にレモン絞りかけても美味いよ。

ネバーランド斉藤
「鈴木が浮気している」
そんな斉藤のトンチンカンな寝言に「何?」と話しかけると「ゴニュゴニュが言った」との返事。これ面白い!とまたもや話しかける「誰が言ったの?」

「米軍」

えー!!?そりゃーすげーぇーなオイ!!どうやら聞き進めていくと私は彼の夢の中で米軍に衛星で監視されている模様。ジャックバウアーもクリビツですよ。鈴木です。

この前晩飯にどうしてもぼっけゑラーメンが食べたくなり、歳のせいかこってりなラーメンを嫌がる米軍斉藤を連れてぼっけゑラーメンへ。つか奢りなのに文句言うなこの無職が!
ぼっけゑじゃけーのー

無料のウマウマキムチ。昔は辛く感じたのだが、今回はあんまり辛くない。しかしコクと旨味はあった。
無料ですよ無料!!

キムチをラーメンに入れるのを店側は推奨しているけど入れるとラーメンの味が変わりすぎて・・・私は好きじゃない。単品でバクバク食べるのが好き。
店員が「キムチとご一緒にどうぞー!!!」とフットボールアワーの居酒屋ネタ並みに言っている

冒険できない私はいつも通りこってりなこま切れ。超濃厚そうなスープとこま切れな肉のドロドロコラボレーション。内臓脂肪にがっつりへばり付きそうな感じであるが、私はこれが好きだ。後、値段が600円→500円→600円になった。是非ともまた500円にしてもらいたい。
濃厚イン濃厚

斉藤はふつうにぼっけゑラーメン。
これがthe普通

スープにうっすらとオデン風の香りが立っていて気になった。スープが煮込まれすぎたのか?いつも昼にしか食べたことがないんだけど今日は夜だからか?まぁでもそう嫌いではない匂いだし相変わらず美味しいのでグッド。斉藤は嫌がってたくせに完食。何なんだお前は。

帰りしな毎回店主の人が出てきて、まるで人形のように頭をコックリコックリと何度もさげ「ありがとうございました」と連呼してくれるので鈴木とっても好感がもてるのよねぇ。

ぼっけゑラーメン
岡山県岡山市下石井2-9-46 
086-227-0185

            監視対象者鈴木
斉藤です。
昨日はひな祭り。鈴木さんがばら寿司を職場で貰って帰りにはハマグリをスーパーで買って帰ってきた。さすが女子。っていうか斉藤は男三兄弟なのでひな祭りって余りわからない。まぁお目出度いのだろう。
斉藤はこの酢魚が大好き

そんな斉藤的にはハマグリと言えば数年前、唯一海外旅行に行った国ベトナムを思い出す。いまだそこで食べたハマグリの食べ方が忘れられない。ハマグリを食べるときは大体このやり方。見よう見まねなので調理方法も薬味も適当だが味は現地と似ていて美味い。

洗いながら表面を殻で擦り合い身を離れやすくしておいて普通に蒸す(今回は酒で蒸した)。薬味に胡椒と塩を混ぜておく。
蒸した時の汁はパスタソースのベースにすると旨い

薬味にはライムを搾るんだけども今回は無いのでレモン汁で代用。あと飲み物には冷えたビールとかがよくあうよ(現地ではぬるいビールが多かったけど)。
ぱっかーと開いてますね

茹で上がったむっちりプリプリしたのを、塩胡椒にレモン汁いれたのにチョンチョンとつけて
むっちりむちむち

コレだよ!コレ!こいつをパクッていくよ!パクッ!
はやく口に入れろ

・・・ッグ・・・ウマーーーグビグビ!ウマーーーーってな!塩胡椒柑橘が良くあって旨い。いやー堪らんわコレ堪らんベトナム万歳ホーチミン万歳!!!

・・・あぁひな祭りを祝ってるんだったな。おひな様万歳!これでいいの?

シンチャオ斉藤
斉藤です。
先日、食戦記いや食選記のpaulさんと”おっさん2人deランチ”。鈴木さんからどうにかお金を都合してもらいお出かけ。店はおっさん2人が女子の集団のように散々悩んでpaulさんが昔から知っていて僕が行った事のない洋食屋グリルスエヒロに決定。
これが昭和だ

何十年も時間が止まったような入り口にカウンターだけの店内、懐かしいジリリンジリリンと黒電話。おぉザァツ☆昭和。ノスタルジーとかレトロでなく今ここにある昭和。

500円のAランチを注文。
甘いソースがドバッとかかった一口カツ、ハンバーグ、ハム、付け合せのスパゲッティ、サラダにライス、味噌汁付き。で500円って安っ!値段も昭和?
ドバドバソースにドパーミンもドバドバ

ガツガツと食べ進められる味。そしてこの懐かしく落ち着ける雰囲気。旨い。これビールでオカズとかも良さげよなぁと思う傍から横のおじさんがAランチを肴にビールをグビグビ。グッと喉がなる。が鈴木が都合してくれたお金でそんな事は出来ないよなグッ。

・・・今度鈴木の休日昼下がりに来てここのオカズでゆっくりとビールを飲もう。きっといい昼下がりになるはず。

しかしなんとも落ち着くのは僕の年齢のせいか?
あとこの店は事前にオーダーすれば待ちかえりでカツサンドとかできるらしいのでそれもいつか試してみたい。なんといってもカツサンドとビールの取り合わせはタマランもんね。

グリル スエヒロ
岡山県岡山市富田町2-1-8
086-224-3796

斉藤
ご無沙汰しております、鈴木です。
この前天気がいいのでハザワに行ってきました(天気関係無)。
高校生の憩いの場

昼過ぎにハザワへ。店前にはいまどきの高校生が群がっている。少し躊躇しながら高校生の群れに割り込む。

若いエキスに緊張してか「から揚げとズリを100gずつとコロッケ1つ!!」と無駄に明朗快活と注文。「ズリ売り切れだわ~」と残念そうな顔をした店主に「あっじゃーから揚げ200gとコロッケ1つお願いします。」と即座に残念顔で返す私。なんだが小劇場のコント風。

あぁしかしズリが一番食べたかったのに。。。とショーケースに並んだ肉たちを眺めていると”ベーコン巻きエッグ”という爆弾みたいな物体が目に飛び込んできた。「追加でベーコン巻きエッグ下さい」勝手に口が注文していた。

取りあえず揚げ上がるまで店主と世間話。結構気難しそうな店主は意外におしゃべりで店を後にするまで喋り続けてた。その店主が話題を振ってきたのが最近の高校生について。

最近の高校生はブランド物の財布を持っているらしい。
店主統計ではルイビトンがトップ。
ちなみに店主の若いころは類似品が流行っていたらしい。
店主は財布にお金かけるぐらいなら中身が多いほうがいいという持論らしい。
最近は髪型も長めでお洒落な子が多い。
店主(角刈り)は散髪屋だけどもいまどきの子は美容院でしてもらってて世の中変わったよね~・・・って事らしい。

最近の高校生は何だか金持ちだなぁ。いや、私も高校のときが一番金持ちだったかもしれん。衝動買いで無印のチャリとか買ってたもんな。今なんか300円のTシャツ着てるし・・・若者よ立派な大人になれよ。というか半分は店主の話題だったな。

そんなこんなのうちに出来上がり。早速テイクアウト。
一口から揚げ・コロッケ・ベーコン巻きエッグ

一口から揚げ100g150円。衣がカリカリでさくさくなスナック感覚。肉屋の唐揚げで美味い(あっそのまんまか)。

コロッケ55円。
コロコロコロッケ

小ぶりな小判型のコロッケはカレー味。正直小さい気がする。貧乏根性がこう思わせるのか。カレー味は普通に美味しい。

とっさに注文したベーコン巻きエッグ105円。
バクダン

かぶりつきにくい大きさに戸惑いながらもかぶりく。歯茎に引っ付きそうなモサモサの黄身がスパイシーで美味いベーコンに絡みつきなんだか下町の味がした。ちなみに私の好きな部類である。

高校生とか買い食いするのが良くわかる美味しさ。というか砂ズリが安くて美味いからと言って余り買わないでくれ。お前たちはお金持ちなんだから。砂ズリは大人がビールと共に味わう部位。社会にでて数々の辛酸を舐めてから味わう味覚。安いから食べるんじゃないんだ!大人の大人の辛酸を!出世が!収入が!お小遣いが!・・・まぁとりあえずなんだ大人になって食べろ。いまは私に食べさせろ!あと財布は古くなったらうちの斉藤にやってくれ。な。

というわけで以上高校生についての巻でした。

ミートショップ ハザワ
岡山市桑田町13-29
086-224-3735

                鈴木
2007.03.01 スジコン丼
斉藤です。
スジコンを作った次の日の昼は勿論これ
言わずともがなスジコン丼ドーン!
ガツガツいけますわ

たまらんのう・・・

斉藤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。